楳図かずお、77歳で映画監督デビュー!主演は片岡愛之助 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月11日 > 楳図かずお、77歳で映画監督デビュー!主演は片岡愛之助
メニュー

楳図かずお、77歳で映画監督デビュー!主演は片岡愛之助

2013年12月11日 05:00

楳図かずお監督と主演の片岡愛之助「マザー」

楳図かずお監督と主演の片岡愛之助
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恐怖漫画の巨匠・楳図かずおが、77歳にして長編映画監督デビューを果たすことがわかった。自ら脚本を手がける「マザー」は、“楳図ワールド”の秘密を解き明かすような自叙伝的なストーリー。主人公の楳図かずお役は、ドラマ「半沢直樹」で大ブレイクを果たした歌舞伎俳優の片岡愛之助が務める。

楳図監督は、昔から映画が好きでいつかは監督に挑戦してみたいと思っていたという。だからこそ、「年齢はハンデだとは全く感じておらず、逆に年を重ねるに従い創作の引き出しは増えていっていると思っている。お話をいただいた時はチャンスだと思い挑戦しました」と話している。

主演の片岡には「半沢直樹」撮影前からオファーしていたそうで、「愛之助さんのほんわかした、のほほーんとした雰囲気が役にぴったりしていると思って、この役をお願いしました」。赤白ボーダーシャツ姿で熱演する姿を見て、「仕事にのめり込んで夢中になってやっているところも共通点だと感じました。舞台をやっていらっしゃるので、声がはっきりしていてメリハリのあるお芝居が素晴らしかった。愛之助さんにお願いして本当に良かった」と全幅の信頼を寄せている様子だ。

一方、オールロケの撮影と舞台を掛け持ちしてクランクアップを迎えた片岡は子どもの頃、楳図監督の大ファンだったという。「僕らの世代は『まことちゃん』などずっと読んでいましたし、先生は近づきがたい憧れの人で、まさかご本人にお会いできるとは思ってもいませんでした」。それだけに、「実際にお会いすると、楳図先生はとても繊細で優しい方。台本は本当に面白く、楳図ワールドといいますか、先生独特の世界観や描写がたくさんあって嬉しくなりました」と振り返っている。

ストーリーは、楳図のもとに生い立ちを本にしたいと出版社から話が舞い込むところから始まる。担当編集者・さくらは、楳図の創作の原点には亡き母イチエの影響が大きいことを知り、調査を続けるうちに周囲で次々と怪奇現象が起こるようになる。死んだはずの母の怨念が、楳図のまわりで底知れぬ恐怖を巻き起こし始める。

なお、物語の鍵を握る楳図の母・イチエ役を真行寺君枝が演じる。

マザー」は、2014年9月27日から全国で公開。

楳図かずお恐怖劇場「プレゼント」「DEATH MAKE」[DVD] 楳図かずお恐怖劇場「プレゼント」「DEATH MAKE」[DVD] 最安価格: ¥1,642 2005年でデビュー50周年を迎えた恐怖マンガの先駆者・楳図かずおと、日本が誇る異才監督たちが手掛ける戦慄と恐怖のコラボレーション作品。
ロング・ラブレター~漂流教室~ DVD-BOX[DVD] ロング・ラブレター~漂流教室~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 楳図かずお原作のコミックをCGを駆使して映像化した、常盤貴子、窪塚洋介共演で贈るSFタッチなラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi