家族の再生を温かく描く、さだまさし原作&緒形直人主演「サクラサク」予告編が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月10日 > 家族の再生を温かく描く、さだまさし原作&緒形直人主演「サクラサク」予告編が公開
メニュー

家族の再生を温かく描く、さだまさし原作&緒形直人主演「サクラサク」予告編が公開

2013年12月10日 07:05

さだ本人が書き下ろした主題歌が彩りを添える「サクラサク」

さだ本人が書き下ろした主題歌が彩りを添える
(C)2014「サクラサク」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] さだまさしの短編小説を緒形直人主演で映画化する「サクラサク」(田中光敏監督)の予告編が、このほど公開された。

原作は、さだが自分の父親との思い出を下敷きにつづった、ある家族の再生の物語。さだにとって、「解夏」「眉山」「精霊流し」「アントキノイノチ」に続き、5作目の映画化となる。主人公の俊介を緒形直人、妻役を南果歩、父親役を藤竜也が演じる。第37回モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞した「利休にたずねよ」の田中監督が、メガホンをとった。

主人公の俊介は、妻や子どもたちを顧みず仕事に没頭し、気づけば家族は崩壊寸前の状態にあった。そんななか、同居する父親が認知症だと判明。これをきっかけに俊介は家族を連れ出し、父親の記憶にある桜の花が満開で美しかった場所を探す旅に出る。

このほど公開された予告編では、緒形演じる俊介を中心に、家族が困難や苦しみをともに乗り越え、喜びを分かち合いながら信頼関係を取り戻していくさまが、温かく丁寧に描き出される。原作者のさだが、自著の映画化作品のために初めて書き下ろした主題歌「残春」も映像を優しく彩っている。

サクラサク」は、2014年4月5日公開。

かすていら[DVD] かすていら[DVD] 最安価格: ¥6,348 さだまさしが初めて実名で書いた自伝小説をドラマ化。
解夏[DVD] 解夏[DVD] 最安価格: ¥2,592 徐々に視力を失っていく原因不明の難病を患った主人公の恐怖と、それを見守らなければならない家族や恋人の痛みを描いた作品。原作者さだまさしが故郷の長崎を舞台に描いた同名小説を磯村一路監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi