「ファイト・クラブ」原作者、続編について言及 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月9日 > 「ファイト・クラブ」原作者、続編について言及
メニュー

「ファイト・クラブ」原作者、続編について言及

2013年12月9日 11:45

原作は長編小説だった「ファイト・クラブ」の 続編は2015年に刊行予定、映画化の予定は未定「ファイト・クラブ」

原作は長編小説だった「ファイト・クラブ」の
続編は2015年に刊行予定、映画化の予定は未定
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・フィンチャー監督の映画「ファイト・クラブ」(1999)の原作者チャック・パラニュークが、準備中の続編について語った。

ファイト・クラブ」の原作は96年に長編小説として刊行され、映画ではエドワード・ノートンブラッド・ピットヘレナ・ボナム・カーターが、語り手(ジャック)、タイラー・ダーデン、マーラの主要キャラクター3人をそれぞれ演じた。

パラニュークは今夏、サンディゴで開催されたコミコンで、続編はグラフィックノベルの形式をとり、舞台設定は前作から10年後になると明言。そして、このほど米ハスラー誌のインタビューに応じて続編のプロットに言及した。

映画では、ジャックと呼ばれた語り手のことをパラニュークはコーネリアスと呼んでおり、「彼の結婚生活は破綻していて、妻への愛情も消えかけている。典型的な中年の危機だ。同じく、マーラも現状に不満を抱き、かつて恋に落ちたワイルドな男との再会を夢見ている。そしてタイラーが再び現れ、彼らの生活をかき乱すんだ」と語った。

続編は、2015年に刊行される。今のところ、映画化の予定は発表されていない。

ファイト・クラブ[DVD] ファイト・クラブ[DVD] 最安価格: - デイビッド・フィンチャー監督が描く衝撃のドラマ。
セブン[Blu-ray/ブルーレイ] セブン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 キリスト教の7つの大罪にもとづく連続殺人に挑む新任刑事とベテラン刑事のコンビの姿を描いた、サイコ・サスペンス。監督:デビッド・フィンチャー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi