名曲使用の許諾が出た初のケース!「ビートルズ」マネージャーの伝記映画が実現? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月8日 > 名曲使用の許諾が出た初のケース!「ビートルズ」マネージャーの伝記映画が実現?
メニュー

名曲使用の許諾が出た初のケース!「ビートルズ」マネージャーの伝記映画が実現?

2013年12月8日 13:30

“5人目のビートルズ”と 呼ばれたブライアン・エプスタイン「イエスマン “YES”は人生のパスワード」

“5人目のビートルズ”と
呼ばれたブライアン・エプスタイン
Photo by Evening Standard/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英ロックバンド「ビートルズ」のマネージャーで“5人目のビートルズ”と呼ばれた、ブライアン・エプスタインの伝記映画「The Fifth Beatle(原題)」の監督に、「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のペイトン・リードが決定し、来年撮影が行われることが発表された。

ビベック・J・ティワリー原作のベストセラー・グラフィックノベルを映画化。プロデュースを手がける原作者のティワリーと「アメリカン・ビューティー」のブルース・コーエンは、レノン=マッカートニーによる全曲を使用できるという前例のない許諾がおりていることを明かし、「ビートルズにまつわる長編映画で、彼らの楽曲を使用する権利が保障された初めての作品」とうたっている。

原作者のティワリーは、「グリーン・デイ」の楽曲で構成されたブロードウェイミュージカル「アメリカン・イディオット」のプロデューサーとしても知られており、本作の脚本も担当。エプスタイン役は、これから選考に入る。

1961年にビートルズと出会い、初代マネージャーとなったエプスタインは、当時無名だったバンドを世界的な成功へと導いた。カミングアウトしていなかったが同性愛者だったと言われており、ギャンブルと薬物依存に苦しみ、67年に薬物過剰摂取のため32歳の若さで死去した。

本作以外にも、エプスタインの伝記映画として、英俳優ベネディクト・カンバーバッチが主演する「The Man Who(原題)」が企画されているが、製作スケジュールは未定。また、ビートルズの秘書を務めていたフリーダ・ケリーがメンバーとの交流などを語ったドキュメンタリー「愛しのフリーダ」が、12月7日に公開される。

ザ・ビートルズ ブルー・アルバム 1967-1970[DVD] ザ・ビートルズ ブルー・アルバム 1967-1970[DVD] 最安価格: ¥2,426 1962年10月のデビュー以来、瞬く間に世界中を席捲したバンド、ザ・ビートルズ。彼らの燦然と輝く名曲を徹底レビュー。貴重な映像と共に贈るドキュメンタリー第2弾。
ザ・ビートルズ レッド・アルバム 1962-1966[DVD] ザ・ビートルズ レッド・アルバム 1962-1966[DVD] 最安価格: ¥2,426 1962年10月のデビュー以来、瞬く間に世界中を席捲したバンド、ザ・ビートルズ。彼らの燦然と輝く名曲を徹底レビュー。貴重な映像と共に贈るドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi