英サイト&サウンド誌が選ぶ2013年の映画ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月8日 > 英サイト&サウンド誌が選ぶ2013年の映画ベスト10
メニュー

英サイト&サウンド誌が選ぶ2013年の映画ベスト10

2013年12月8日 10:00

1位に選ばれた「殺人という行為」「ゼロ・グラビティ」

1位に選ばれた「殺人という行為」
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英BFI発行の「サイト&サウンド」誌が、2013年の映画ベスト10を発表した。

約100人の映画評論家を対象にアンケートを行った結果、第1位に選ばれたのは、米テキサス州出身のジョシュア・オッペンハイマー監督のドキュメンタリー映画「殺人という行為」。1960年代、インドネシアで行われた大量虐殺を加害者側の視点で描いた衝撃作で、2013年山形国際ドキュメンタリー映画際最優秀賞を受賞している。

ベスト10は以下の通り。

1.「殺人という行為」(ジョシュア・オッペンハイマー監督)
2.「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督)
3.「アデル、ブルーは熱い色」(アブデラティフ・ケシシュ監督)
4.「The Great Beauty(英題)」(パオロ・ソレンティーノ監督)
5.「Frances Ha(原題)」(ノア・バームバック監督)
6.「罪の手ざわり」(ジャ・ジャンクー監督)
6.「Upstream Color(原題)」(シェーン・カルース監督)
8.「The Selfish Giant(原題)」(クリオ・バーナード監督)
9.「北(ノルテ) 歴史の終わり」(ラブ・ディアス監督)
9.「Stranger by the Lake(原題)」(アラン・ギロディ監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi