岩佐真悠子「反響が怖い…」 濡れ場&ヌード体当たりで挑んだ「受難」が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月7日 > 岩佐真悠子「反響が怖い…」 濡れ場&ヌード体当たりで挑んだ「受難」が公開
メニュー

岩佐真悠子「反響が怖い…」 濡れ場&ヌード体当たりで挑んだ「受難」が公開

2013年12月7日 17:08

「受難」初日挨拶に 出席した岩佐真悠子「受難」

「受難」初日挨拶に
出席した岩佐真悠子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] グラビアアイドルで女優の岩佐真悠子が12月7日、東京・シネマート新宿で封切られた「受難」の初日舞台挨拶に登壇した。陰部に人面瘡ができてしまったヒロインという難役で、大胆な濡れ場やフルヌードにも体当たりで挑戦し「今は反響が怖いです」と緊張した面持ちだった。

舞台挨拶には岩佐をはじめ、共演する古舘寛治淵上泰史伊藤久美子吉田良子監督が登壇した。「女性の恋とセックス」をテーマにした、「ポルノチック」シリーズ第1弾「惑星のかけら」で注目を集めた吉田監督は、「完成までに何年もかかり、やっと見ていただけることになった。ヘンテコで愛らしい映画に仕上がった」と感無量。岩佐に出演をオファーした際は「お互い探り合いだった」と振り返る。

岩佐も「初めてお会いしたときは、まだ出演するか決めていなかった」といい、「監督はとてもまじめな方。私の疑問にも丁寧に答えてくださって、『この監督だから、やってみたい』と思った」と決意に至った理由を説明。一方、古舘は「撮影中のエピソードですか? あんまり公にできない話ばかり」と苦笑い。それでも「岩佐さんが非常にオープンな姉御肌なので、年上の僕のほうが手のひらで転がされていた感じ」と語っていた。

姫野カオルコ氏による同名小説を原作に、汚れなき乙女のフランチェス子(岩佐)が、突然陰部に現れた人面瘡が発する罵声と悪戦苦闘しながら、“共生”を目指し奮闘する。

岩佐真悠子 in 受難[DVD] 岩佐真悠子 in 受難[DVD] 最安価格: ¥4,069 2013年12月7日公開・岩佐真悠子主演映画『受難』のメイキングDVD。
009ノ1 THE END OF THE BEGINNING[DVD] 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING[DVD] 最安価格: ¥3,959 「サイボーグ009」のヤングアダルト版の『バイオレンス&エロス』原作が初の映画化!出演:岩佐真悠子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi