アルフォンソ・キュアロン監督「ゼロ・グラビティ」試写会で「重力を楽しんで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月7日 > アルフォンソ・キュアロン監督「ゼロ・グラビティ」試写会で「重力を楽しんで」
メニュー

アルフォンソ・キュアロン監督「ゼロ・グラビティ」試写会で「重力を楽しんで」

2013年12月7日 16:05

(左から)プロデューサーのハイマンとキュアロン監督「ゼロ・グラビティ」

(左から)プロデューサーのハイマンとキュアロン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー共演のSF大作「ゼロ・グラビティ」の特別試写会が12月6日、千葉・成田HUMAXシネマズのIMAXデジタルシアターで行われ、来日中のアルフォンソ・キュアロン監督と製作のデビッド・ハイマンが舞台挨拶に立った。

地表から60万メートル上空の世界で、船外作業中に重力ゼロの宇宙空間に投げ出されてしまったメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(クルーニー)の極限状況を、最新VFXと3D技術を駆使した映像で描き出す。

キュアロン監督は、「4年半という歳月をかけて完成した映画。このような大きなスクリーンで見ることで、皆さんも存分に宇宙遊泳を楽しめると思う。地球には本当にさまざまな色があって、地図上だけの色ではなく、太陽の色、水の色、海の色を全身で感じてほしい」と挨拶。また、「2人しかキャストが出てこないけれど、それはハイマンが財布の紐をきつくしめたから。でもサンドラとジョージなら大丈夫。この2人を悪く言う批評家はいない。だって2人を撮ることは、パンダを撮るようなものだからね」と冗談を飛ばし、笑いを誘っていた。

大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」等を手がけてきた敏腕プロデューサーのハイマンは、「この映画はサイエンス・フィクションではなくサイエンス・ファクト。主人公が立ち向かう宇宙ゴミは、事実として人間が残してきたもの。我々は地球上を汚染し、さらには宇宙をも汚染している。人間が宇宙に残してきたものは、永久に軌道上を周回し続ける。これはフィクションではなく事実」と、改めて人類と宇宙との関係のあり方に問題を提起した。その上で、「俳優は演技が優れた人じゃないと成立しなかった。2人の演技力は確かなもので、すべての瞬間において真実味を感じさせてくれる芝居だった」とキャスト陣に賛辞をおくった。

最後にキュアロン監督は、「サスペンスやアドベンチャー要素もあるけれど、根底にあるのは人間ドラマ。たった2人というキャラクターに集中することで、感情を拡大して観客に伝えることができると思った。他の国と同じように、日本の皆さんにも重力を楽しんでほしい。準備はいいですか?」と、これから鑑賞に臨む観客に語りかけた。

ゼロ・グラビティ」は、12月13日から全国で3D/2D同時公開。

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション[DVD] トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,871 4度の英国推理作家協会賞に輝くイギリス・ミステリー界の女王、P.D.ジェイムズの原作をアルフォンソ・キュアロン監督が完全映画化!
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人[HD DVD] ハリー・ポッターとアズカバンの囚人[HD DVD] 最安価格: ¥4,093 13歳になったハリーを待ち受けるかつていない危機と驚愕の真実。ハリーが直面する両親の死の真相、そして存在の意味とは一体…。J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化したシリーズ第3弾。監督:アルフォンソ・キュアロン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi