さだまさし原作「サクラサク」主題歌は本人書き下ろしの「残春」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月6日 > さだまさし原作「サクラサク」主題歌は本人書き下ろしの「残春」
メニュー

さだまさし原作「サクラサク」主題歌は本人書き下ろしの「残春」

2013年12月6日 06:00

自身の作品に主題歌を書き下ろすのは初めて「サクラサク」

自身の作品に主題歌を書き下ろすのは初めて
[拡大画像]

[映画.com ニュース] さだまさしの短編小説を映画化する「サクラサク」の主題歌を、原作者であるさだ本人が担当することが発表された。自著の映画化作品のために初めて書き下ろした楽曲「残春(ざんしゅん)」が提供される。

さだが執筆した小説は、「解夏」「眉山」「精霊流し」「アントキノイノチ」の4作が過去に映画化されている。「サクラサク」(幻冬舎文庫「解夏」所収)は、父親との思い出を下敷きにつづった思い入れの強い作品のため、さだは映画化だけでなく主題歌を書き下ろすことも快諾したという。「原作を大切にしてくださっていた監督から上がって来た脚本が、自分の作品よりも素晴らしいものだったので、この愛にどう応えようかと、なかなか1行目が書き出せないほどのプレッシャーでした」というが、「後でじっくりしみてくるような歌にしたいという思いで書きました」と明かした。

そして、「それぞれが持っている人生の残りの時間を、どんな境遇であろうと、生きているうちは春という希望に満ちた季節のように生きていかないといけない」と、歌詞やタイトルに込めたメッセージについて語った。この楽曲を使用した予告編は、12月7日から全国の劇場で上映される。

妻や子どもたちを顧みず仕事に没頭していた主人公が、同居する父親が認知症と診断されたのをきっかけに、父親の思い出の地をたどる旅を通して家族の絆を取り戻そうとする姿を描く。「精霊流し」でもメガホンをとった田中光敏監督のもと、主人公・俊介役の緒形直人、妻役の南果歩、父親役の藤竜也という経験豊富なベテラン陣が、切なくも柔らかい人間関係をつむぎ出す。

サクラサク」は、2014年4月5日から公開。

アントキノイノチ DVDスタンダード・エディション[DVD] アントキノイノチ DVDスタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,231 岡田将生×榮倉奈々のダブル主演で、さだまさしの同名小説を映画化!遺品整理業という仕事を通して出会った二人の命をテーマにした感動作!
眉山-びざん-[DVD] 眉山-びざん-[DVD] 最安価格: ¥4,010 10万部を超えるベストセラーとなったさだまさしの小説『眉山』を、『黄色い涙』の犬童一心監督が映画化した感動ストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi