井上真央、15年大河「花燃ゆ」主演! 朝ドラから“出世”は3人目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月3日 > 井上真央、15年大河「花燃ゆ」主演! 朝ドラから“出世”は3人目
メニュー

井上真央、15年大河「花燃ゆ」主演! 朝ドラから“出世”は3人目

2013年12月3日 16:49

吉田松陰の妹・文(ふみ)を演じる井上真央「ダーリンは外国人」

吉田松陰の妹・文(ふみ)を演じる井上真央
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の井上真央が、2015年(平成27年)放送の大河ドラマ「花燃ゆ(はなもゆ)」に主演することが正式決定した。12月3日、NHKが発表。井上は11年に放送された朝の連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを演じ、同年大みそかの紅白歌合戦では紅組司会を務めた。朝ドラヒロインが、大河ドラマの主演へと“出世”を果たすのは松嶋菜々子(「利家とまつ 加賀百万石物語」)、宮崎あおい(「篤姫」)に続き3人目となる。

15年大河は現在放送中の「八重の桜」(綾瀬はるか主演)と同じく、幕末の動乱を生き抜く女傑が主人公になる。井上は幕末の思想家である吉田松陰の妹・文(ふみ)を演じることになり「お話をいただいたのが、1カ月前なので、まだ勉強中ですね。いわゆる偉人ではないので不安もありますが、時代を変えた人物のそばにいる文の視点から、歴史を身近に感じてもらえれば。芯のある女性を演じたい」と意気込みを語った。

大河ドラマに対するイメージは「歴史があり、たくさんの皆さんに期待されているドラマ」だといい、「女優を始めてからは、いつかこの世界に入り込みたいなと思いながら見ていた」と以前から強いあこがれがあったと明かした。また、「朝ドラもそうですが、大河といえば地域密着。今回は山口の萩が大きな舞台になりそうなので、地域を盛り上げていければ」と意欲を燃やした。

文(のちの美和子)が久坂玄瑞の妻となり、激動の長州藩の運命に翻ろうされながら、新しい時代へと、松陰の志を引き継いでいく姿を描く。脚本を手がけるのは、大島里美宮村優子のふたり。大島は、井上が主演した映画「ダーリンは外国人」(10)の脚本も担当している。制作統括は「龍馬伝」の土屋勝裕氏。14年8月のクランクインを予定しており、翌15年1月から1年間放送される。

八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,397 直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が衝撃の映画化!出演:井上真央
綱引いちゃった![DVD] 綱引いちゃった![DVD] 最安価格: ¥3,175 井上真央演じる大分市職員の千晶が、市長の指示で、大分市の知名度アップのため女子綱引きチームを結成するが…。大分を舞台に、個性あふれるキャストが織り成す、女性の群像コメディ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi