カンヌ新人監督賞「ILO ILO」アンソニー・チェン監督「この映画には普遍的な価値観がちりばめられている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月27日 > カンヌ新人監督賞「ILO ILO」アンソニー・チェン監督「この映画には普遍的な価値観がちりばめられている」
メニュー

カンヌ新人監督賞「ILO ILO」アンソニー・チェン監督「この映画には普遍的な価値観がちりばめられている」

2013年11月27日 13:20

アンソニー・チェン監督「大人は判ってくれない」

アンソニー・チェン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第66回カンヌ映画祭でカメラドール(最優秀新人監督賞)を受賞したアンソニー・チェン監督「ILO ILO(英題)」が、東京・有楽町で開催中の「第14回東京フィルメックス」コンペティション部門出品作として11月26日上映され、来日したチェン監督が観客とのティーチインを行った。

1997年、アジア通貨危機の影響下にあるシンガポールが舞台。高層マンションに住む共働き家庭に住み込みメイドとして働くフィリピン人のテレサと、雇い主の息子との交流を軸に、多民族国家ならではの文化から普遍的な家庭問題までを描き出す。

監督自身の実体験が基になっているそうで、「私の家にも4歳から12歳の8年間、フィリピン人のメイドがいました。『ILO ILO』は、彼女の故郷の地名でかわいらしい音だと思ったので、覚えていたのです」とタイトルの意味を紹介し、「97~98年にアジア金融危機があり、多くの人が失業した時代。私の父も失業し、それ以降より良い仕事には就けませんでした」と当時の状況を振り返った。

キャスティングにはとりわけ力を入れたそうで、息子役は8000人の候補から数々のオーディションを実施し、演技経験のなかった小学生が選ばれた。反抗期まっただ中の小学生らしい子どもの自然な姿を捉えていることから、観客から清水宏やフランソワ・トリュフォーの影響はあるのかと問われると「まさに、少年のイメージとして描いていたのはトリュフォーの『大人は判ってくれない』です」と答えた。

時の隔たりのあるカットをダイレクトにつないだ大胆な編集について指摘されると、「暴力的ともいえるほど規律正しく直覚的な編集にしました。シーンを伸ばしているとお涙ちょうだい的になりがちな題材なので、センチメンタルに感情におぼれるような編集にしたくなかった」と説明した。

長編デビュー作であり、脚本、演出、撮影、編集すべてを担当。今月発表された中国版アカデミー賞とも言われる台北金馬奨では作品賞、新人監督賞、脚本賞、助演女優賞の4冠を獲得。アカデミー外国語映画賞のシンガポール代表にも選ばれており、世界各国で高く評価されていることについては「作り手としていろいろな声を聞くなかで」と前置きし、「この映画の中には普遍的な価値観がちりばめられているということ。家族問題、少年の成長、金銭トラブル、移民問題、社会の階層などこういうテーマは文化や国境を越えるのでは」と語った。

フランソワ・トリュフォー DVD-BOX「14の恋の物語」[DVD] フランソワ・トリュフォー DVD-BOX「14の恋の物語」[DVD] 最安価格: ¥8,187 名匠フランソワ・トリュフォーの名作DVD-BOXの廉価版。「あこがれ」(短篇)「大人は判ってくれない」「アントワーヌとコレット〈二十歳の恋〉より」「夜霧の恋人たち」「家庭」「逃げ去る恋」の6作品収録。
フランソワ・トリュフォー DVD-BOX「14の恋の物語」[DVD] フランソワ・トリュフォー DVD-BOX「14の恋の物語」[DVD] 最安価格: ¥8,187 名匠フランソワ・トリュフォーの名作DVD-BOXの廉価版。「ピアニストを撃て」「終電車」「隣の女」「日曜日が待ち遠しい!」の4作品収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi