米監督協会、新契約に合意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月26日 > 米監督協会、新契約に合意
メニュー

米監督協会、新契約に合意

2013年11月26日 22:20

[映画.com ニュース] 米監督協会(DGA)の役員会が、スタジオの業界団体(AMPTP)との新たな3年契約に合意したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

新契約では、ギャラやロイヤリティのアップに加え、ストリーミングサービスのネットフリックスなどの「新しいメディア」における最低賃金や条件などが詳しく定められている。ハリウッドでは、エンタテインメント業界に関わる人々がそれぞれ役職によって組合団体を作っており、テレビの演出家や映画監督からなる1万5000人の会員数を誇るDGAはそのひとつだ。

業界団体は数年ごとにAMPTPと契約更新を行っているが、時おり円滑に進まないケースがある。07年の契約更改期には、米脚本家組合(WGA)がAMPTPとの条件に折り合わず、全面的なストライキに突入。ゴールデン・グローブ賞が中止になるなど、大きな騒動へと発展した。

今回、DGAがスムーズに契約更改交渉に成功したところをみると、前回のような大規模なストライキが起きる可能性は低そうだ。なお、WGAの現行契約は14年5月1日をもって満了となる。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi