テリー・ギリアム監督、悲願の企画「ドン・キホーテ」に7度目の挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月25日 > テリー・ギリアム監督、悲願の企画「ドン・キホーテ」に7度目の挑戦
メニュー

テリー・ギリアム監督、悲願の企画「ドン・キホーテ」に7度目の挑戦

2013年11月25日 11:39

テリー・ギリアム監督「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

テリー・ギリアム監督
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テリー・ギリアム監督が、次回作として、長年温めている悲願の企画「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」に再び着手する予定であることがわかった。

ギリアム監督本人が米Comingsoon.netとのインタビューで明かしたもので、「(同作の製作に着手するのは)おそらくこれで7度目じゃないかな。ラッキーセブンかもね」とコメント。「この作品に戻るのが私の初期設定みたいなものだ。とにかく早く作って、私の人生から追い出してしまいたいよ」と話した。

「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」は、2000年にいったんクランクインしたものの、さまざまなトラブルに見舞われ製作中断にいたったいわくつきの作品。そのてん末は、ドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(02)にも描かれた。

ギリアム監督はその後、08年頃に再撮影の意欲を示したが、一進一退を繰り返してきた。一度はオリジナルでジャン・ロシュフォールが演じる予定だったドン・キホーテ役にロバート・デュバルジョニー・デップが演じる予定だった中世にタイムトラベルする現代の広告クリエイター役にユアン・マクレガーが起用され、10年夏にクランクインする予定だった。しかし、それも資金難で頓挫し、マクレガーの降板が報じられた(デュバルの動向は不明)。

一方で、ギリアム監督の新作SF映画「The Zero Theorem(原題)」(クリストフ・ワルツ主演)は無事に完成。今年9月のベネチア国際映画祭でのプレミア後、映画祭サーキットを回っており、年末からイタリア、ロシア、イギリスなどで順次公開が予定されている(日本公開は未定)。

Dr.パルナサスの鏡[DVD] Dr.パルナサスの鏡[DVD] 最安価格: ¥3,292 ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ。3人の熱い思いがヒース・レジャーの夢を引き継いだ-華麗なる迷宮の世界へ!監督:テリー・ギリアム
未来世紀ブラジル[DVD] 未来世紀ブラジル[DVD] 最安価格: - 鬼才テリー・ギリアム監督が贈る、近未来を舞台に管理社会をシニカルな視点でとらえた、ブラックユーモア満載のSFサスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi