宮崎香蓮、“MATSUパパ”のサプライズ誕生日祝いに歓喜 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月23日 > 宮崎香蓮、“MATSUパパ”のサプライズ誕生日祝いに歓喜
メニュー

宮崎香蓮、“MATSUパパ”のサプライズ誕生日祝いに歓喜

2013年11月23日 18:07

初日挨拶に立ったMATSU、宮崎香蓮ら「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」

初日挨拶に立ったMATSU、宮崎香蓮ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のMATSUこと松本利夫が11月23日、主演映画「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」の全国公開の初日舞台挨拶を、共演の宮崎香蓮白石美帆、内片輝監督とともに東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行った。

今月16日からロケ地の岡山で先行しており、待望の全国拡大にMATSUは「純粋にうれしい気持ちと、これからはチョコチョコ皆さんの感想が気になる日々が続くのかなという感じです」と笑顔。「すべてのスタッフ、キャストと一緒懸命作ったこの作品を見て、皆さんが笑顔に、晴れ晴れしくなることを祈っています」と語った。

MATSUの娘を演じた宮崎は、「MATSUさんは最初はすごく怖くて、『チィーッス、MATSUです』って来るんじゃないかと思って構えていたんです。でも、私の面白くない話も聞いてくれて、本当のパパみたいで“MATSUパパ”って呼んでいました」と告白。MATSUも「香蓮ちゃんはムードメイカーで、気持ちが入りやすくなるように現場の空気をつくってくれていた」と“娘”を称えた。

その宮崎は今月20日に20歳の誕生日を迎えたばかり。MATSUからサプライズでバースデーケーキと花束をプレゼントされ、「うわあ、ウソ~、うれしい」と満面の笑みを浮かべた。

誕生日当日は「大人ぶろうと思って」、内片監督からプレゼントされたスパークリングワインを飲んだそうだが、「苦くておいしいと思えなくて、顔が真っ赤になって、すごく眠くなったので寝ちゃいました」と正直の吐露。MATSUからはすかさず「いい思い出言えよ」というツッコミが入り、照れることしきりだ。

ようやく気を取り直し「いろんな役に挑戦したい。残忍な悪人やカッコいい刑事など振り幅の広い女優になりたい。そのためにいろいろな経験を貯金していけたら」と20歳の抱負を披露。MATSUも「さらに大女優として飛躍してほしい」とエールを送っていた。

晴れのち晴れ、ときどき晴れ」は、アクションスターになる夢が挫折し、借金取りに追われて故郷の岡山に戻った主人公・定虎が、娘と名乗る少女・美羽と出会い、親子のきずなを深めていく人情ドラマ。MATSUは、「家族のきずな、故郷の素晴らしさが伝わるあったかい映画です」とあらためて自信のほどをアピールしていた。

CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC[DVD] CLAMPドラマ ホリック xxxHOLiC[DVD] 最安価格: ¥2,538 クリエイター集団CLAMPによるメガヒット作「xxxHOLiC」を実写ドラマ化!出演:宮崎香蓮
松本利夫ワンマンSHOW「MATSUぼっち02」-銀河より愛をこめて-[DVD] 松本利夫ワンマンSHOW「MATSUぼっち02」-銀河より愛をこめて-[DVD] 最安価格: ¥4,176 EXILEのメンバーとして活躍するMATSUが一人の表現者・松本利夫として挑戦した、前代未聞のワンマンショー第2弾。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi