前田敦子が寄せる山下敦弘監督への思い、そして自ら語る「私の夢」とは… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月22日 > 前田敦子が寄せる山下敦弘監督への思い、そして自ら語る「私の夢」とは…
メニュー

前田敦子が寄せる山下敦弘監督への思い、そして自ら語る「私の夢」とは…

2013年11月22日 12:48

前田敦子と山下敦弘監督「苦役列車」

前田敦子と山下敦弘監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優・前田敦子が、どこまでもリラックスした面持ちで席に着いた。隣席に座るのは、前田が「もともと大ファン」でいつか一緒に仕事をしたいと熱望していた山下敦弘監督。「苦役列車」で初タッグを組んだふたりが「もらとりあむタマ子」(11月23日公開)で再び相まみえることになり、前田の新たな一面をすくい取ることに成功したのは必然といえるかもしれない。前田と山下監督はいま何を思っているのか、ふたりに話を聞いた。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦)

第18回釜山国際映画祭「A Window on Asian Cinema部門」でワールドプレミア上映された今作は、音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」の30秒のステーションIDからスタートした企画。山下監督は、今作の主人公・タマ子を通じて前田の女優としての魅力を再認識したという。それは撮影前から確信していたことでもあったようで、「『苦役列車』を見てくださった方であれば分かると思うのですが、今回は特に何もしていないんです。セリフやストーリーに頼っていませんから。今回のあっちゃんは主役なのにしゃべらないし、ダラダラしているし、不機嫌(笑)」と説明。そして「それが魅力的に見えるというのが、あっちゃんの持っている魅力なんでしょうね」と明かす。

前述の説明通り、今作の前田は“残念な実家依存娘”というフレーズそのままに、とにかく無気力だ。都内の大学を卒業し、父がひとりで暮らす山梨・甲府のスポーツ用品店に戻ると、ひたすら食べて、寝て、漫画を読んでばかり。父の「就職活動はしているのか?」という問いかけにも、「その時がきたら動く。少なくとも今ではない!」と開き直り、自分を肯定してばかりの“口だけ番長”ぶりを露呈する。しかし、どこにでもいそうな市井の女性の日常を誇張することなく丁寧に描くことで、見る者に不思議な爽快感すら抱かせる新ヒロインを構築してみせた。

役作りについては、「変に考えちゃいけないとは思っていましたし、ただ“そこに居たい”と思っていました。そういう空気を現場の皆さんが出してくださっていたので、異様な感じではあったのですが、スタッフさんも監督も、皆さんがタマ子っぽかったですね」と述懐。山下監督も、「僕は結構題材に影響を受ける方なのですが、今回に関してはあの空気感のまま僕もいれた感じでしたね」と笑った。今作の見どころのひとつとして、タマ子と父・善次(康すおん)の何気ないやり取りが挙げられる。父は奔放な娘を愛しく思い、娘も不器用な父を思いやるという関係性が、否が応でも浮上してくる。前田に家族について聞いてみると、「私はお母さんと比べると、お父さんととても仲が良いというわけではないんです。仲は良いしもちろん嫌いではないけれど、別にしゃべりたくない…みたいな(笑)。それが女の子の普通の感情だとは思うのですが、だからこそタマ子の立ち位置というのが理解できましたね」という答えが返ってきた。

松ヶ根乱射事件」(2007)以来、6年ぶりのオリジナル作品となった山下監督は4~5年前から脚本の向井とオリジナル作品について模索を続けていたという。「アイデアは出すんですが、自分たちでは結局決められずにずっときちゃったんです。タマ子は企画ものではありますが、気づいたら映画になって、それがオリジナルになった。『あ、自分も昔はこういう形で映画を撮っていたよな』と気づかされたんです」。大阪芸術大学在学中は、テーマありき、伝えたいメッセージありきではなかったと語り、「要は後付けだったんです」と今作を原点回帰と位置づける。さらに、「何もないところから始めると具体がない分、固まらないんですが、この人で何かやろうかとなると、映画って作れるなって思いますね。僕はそういうタイプなのかもしれません」とかすかに笑みを浮かべる。

ふたりとも決して饒舌ではないだけに、静かに紡ぎだす言葉からは真実のみが浮かび上がってくる。それはまさに“言霊”と表現するにふさわしく、口にしたことはいずれ必ず実現してしまうのではないだろうか、という説得力に満ちあふれている。前田と山下監督のタッグにしても、近い将来3度目の機会がやってくるであろう予感めいたものを感じてしまう。

前田は、自らの女優としてのキャリアについて「私はまだ何もない状態ですからね」と一貫して謙虚な姿勢を保ちながらも、山下監督との再タッグについては目を輝かせながら思いを馳せる。「監督の作品で、私が最初に好きになったのは『天然コケッコー』。なんでこんなにキラキラしているんだろうと思って。それが本当に忘れられなくて…。いつかあの世界のようなキラキラを描く作品に参加してみたいです。それは、私の夢なんです」。この前田のせつなる思いを、山下監督が成就させる日が来ることを待ちわびたい。

前田敦子 無防備[DVD] 前田敦子 無防備[DVD] 最安価格: ¥3,024 AKB48不動のエース“あっちゃん”こと前田敦子の記念すべき1stイメージ!タイ・プーケットを舞台に、初めての海外旅行4泊5日を完全密着ドキュメント!
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら PREMIU...[DVD] もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら PREMIU...[DVD] 最安価格: ¥5,307 新米女子マネージャーが、弱小野球部を甲子園へ!?前田敦子主演!大ベストセラー“もしドラ”待望の映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi