ニコラス・W・レフン監督、新作は「アシッド映画」 R・ゴズリングの近況も明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月20日 > ニコラス・W・レフン監督、新作は「アシッド映画」 R・ゴズリングの近況も明かす
メニュー

ニコラス・W・レフン監督、新作は「アシッド映画」 R・ゴズリングの近況も明かす

2013年11月20日 12:20

来日したニコラス・ウィンディング・レフン監督「ドライヴ」

来日したニコラス・ウィンディング・レフン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カンヌ映画祭監督賞受賞作「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ、新作「オンリー・ゴッド」の日本公開にあたり、レフン監督が来日。高橋ヨシキ氏、柳下毅一郎氏とともに11月19日、都内の劇場で行われたティーチインに参加した。

映画はバンコクでボクシングクラブを経営するジュリアンの兄がある日惨殺され、母親の命令で復しゅうに乗り出すが、元警官で神を自称する謎の男チャンが立ちはだかる。血で血を洗う激しい抗争と主人公と母親の歪んだ親子関係を洗練された映像美で描いた。

レフン監督は本作について「まだ見ていない人には説明するのが難しいので、メタファーを用いますが、『ドライヴ』は質のいいコカインを吸っているような映画、今回はアシッド映画です」と独特の表現で紹介。「僕が定義するいい映画は、幾分か涙と笑いがあって、たくさん暴力があってセックスがあって、変なことが起き、そして良いエンディングを迎えるもの。目の肥えた観客の想像力をかきたてなければ満足していただけないと思うし、作り手側にも新たな発見のある映画でなければいけない」と映画に対する持論を語る。

これまでの作品の特徴として、80年代の色調やアメリカ映画からの影響があるのではと問われると「コントラストのある色を使うのは、僕が色盲なので、補色を使わなければ見えないのです」と明言。今作で赤を主軸にしたのは「現実とは異質の世界をつくるため。主人公が天国と地獄の間をさまようように表現したかったため」と説明した。

キャスティングについて、「ドライヴ」に続いて主演に起用したゴズリングを「彼は自分の限界に挑戦するのが好きな俳優」だと評価し、「数週間前にLAで会ったときに、『早く新作を一緒に作らせてくれ、今度はしゃべらせてくれ』と言っていました(笑)」と近況を明かす。「ヴァルハラ・ライジング」のマッツ・ミケルセンとゴズリングの今後の共演の可能性は「できればいいと思うけど、マッツがやきもちやきだから、どうだろうね」と難しいようだ。

今作はアレハンドロ・ホドロフスキー監督に捧げられている。「非常に面白い方で、僕にとってのインスピレーション。映画を使ってどういうことができるか示してくれる方です。『エル・トポ』は元祖モダンポップシネマと言えます。私が映画を作る時は必ず彼を訪れてタロットで読んでもらいます」と奇才との交流について話し、ホドロフスキー原作、メビウスによる伝説的漫画「アンカル」の映画化を相談していることも明かした。

オンリー・ゴッド」は2013年1月25日から全国公開。

ドライヴ[DVD] ドライヴ[DVD] 最安価格: ¥3,175 天才的なドライビングテクニックを持ち、昼はハリウッドのスタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手が、そのテクニックゆえに危険な裏社会の抗争に巻き込まれていく様を描くクライム・サスペンス・ムービー!
きみに読む物語 スペシャル・プライス[DVD] きみに読む物語 スペシャル・プライス[DVD] 最安価格: ¥1,076 2005年“きみ読む”現象を巻き起こしたヒット感動作。愛する彼女のために一人の男の力によって病を克服する“奇跡の愛”の物語!出演:ライアン・ゴズリング

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi