井浦新、過酷な富士登山の“修行”の日々も「だんだん楽しくなった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月19日 > 井浦新、過酷な富士登山の“修行”の日々も「だんだん楽しくなった」
メニュー

井浦新、過酷な富士登山の“修行”の日々も「だんだん楽しくなった」

2013年11月19日 19:45

世界遺産登録決定後の富士山で撮影敢行「さよなら渓谷」

世界遺産登録決定後の富士山で撮影敢行
[拡大画像]

[映画.com ニュース]角田光代氏原作のWOWOW連続ドラマW「かなたの子」の完成披露試写会が11月19日、都内の劇場で行われ、主演の坂井真紀井浦新大森立嗣監督が舞台挨拶に立った。

坂井は「大森監督の作品が大好きだった」そうで、撮影現場を「人間が好きで、お芝居が好きで、役者のこともスタッフのことも信頼してくれる良い現場でした」と振り返る。井浦は「さよなら渓谷」に続く大森監督作となったが、「監督はモニターなど気にせず、いつもカメラの横で芝居を見届け、一緒に芝居をしてくれる」と全幅の信頼を寄せる。

ストーリーは、それぞれに過去を抱え、許しを求めるかのように富士登山に臨む者たちの罪と罰を厳かな自然を背景に描く。坂井は「一線を越えてしまう母親ということで、監督に『(罪を犯したのは)何ででしょうか?』と聞いたら、『理由なんてないんだよ。“衝動的”という言葉でも片づけられないようなもっと違うことなんだよ』とおっしゃっていただき、そのひと言で前に進めました」と語る。

井浦は「抱えている罪を大げさにせず、抱え込んでいることを消しつつ、でもしっかりととらわれている。背負っているものを見せないようにして表さなくてはいけない、なかなか出合わない役で難しかったです。でもそこが一番楽しかった」と述懐する。大森監督は、「2人ともものすごく強い意志を持っている。どういう方向に進むかを明確に持っているから、安心して撮影に臨めた」と称えた。

撮影は世界遺産登録決定後、初めてのドラマ撮影として富士山でも行われた。台風が直撃したというが、井浦は「いい経験でした。登って下りての繰り返しで、何の修行をしているのか? という感じなんですが、それがだんだん楽しくなっていった」と笑みを浮かべた。一方の坂井は、「ものすごい風が吹いたことがあって、『自分の身は自分で守らなきゃ!』という感じで……。自然の怖さを感じました」と明かした。

「かなたの子」は、WOWOW 連続ドラマWで12月1日から放送(全4話/第1話無料放送)。

ピンポン Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ピンポン Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 太陽と月のように対照的な2人の高校生とライバル達が、卓球を通じて様々な事を経験して行く姿を描いた、松本大洋原作の青春映画。窪塚洋介、ARATA、ほか出演。
11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち[DVD] 11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち[DVD] 最安価格: ¥3,959 文豪として確固たる地位を築きながら、私兵的団体「楯の会」を結成した三島由紀夫とメンバーの姿を追ったドラマ。出演:井浦新

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi