【国内映画ランキング】「清須会議」V2、「悪の法則」3位、「くじけないで」が6位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月19日 > 【国内映画ランキング】「清須会議」V2、「悪の法則」3位、「くじけないで」が6位
メニュー

【国内映画ランキング】「清須会議」V2、「悪の法則」3位、「くじけないで」が6位

2013年11月19日 19:00

V2を達成した「清須会議」「清須会議」

V2を達成した「清須会議」
(C)2013 フジテレビ 東宝
[拡大画像]

[映画.com ニュース]11月16~17日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。前週、軽快な出足を切った「清須会議」が今週も首位をキープ。週末2日間の成績は、動員25万8423人、興収3億3217万8250円と前週比で68.7%(興収で比較)。累計では動員103万7517人、興収12億6220万1250円に達している。

2位「劇場版 SPEC 結(クローズ) 漸(ゼン)ノ篇」は、累計で動員147万4627人、興収18億3826万0200円。11月29日には「爻(コウ)ノ篇」の公開が控えている。2作合わせて50億円近く稼げるかも知れない。

3位には、リドリー・スコット監督の「悪の法則」が初登場でランクイン。オープニング週末2日間の成績は、動員8万1961人、興収1億0586万9000円。ハリウッド映画がトップ3の一角を占めるのは、5週間ぶりとなる。

6位には「くじけないで」がランクイン。オープニング2日間の成績は、動員3万9107人、興収4261万3500円。256スクリーンでの成績である。

8位「マラヴィータ」は、2日間で動員2万5900人、興収3229万6900円。こちらは129スクリーンでの公開。

引き続き、ハリウッド映画に元気がなく、ボックスオフィス全体でも不完全燃焼気味の週末が続く。昨年のこの時期は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」がオープニング週末で11億円あまりを稼ぎ、市場を席巻していたのだが……。

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション[DVD] ザ・マジックアワー スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 三谷幸喜が満を持して贈る渾身のノンストップ・コメディ!
ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 殺人事件の証人はただ一人…落ち武者の幽霊。今、全世界注目の裁判が、幕を開ける―!国民的脚本家としてエンターテイメント界を牽引する三谷幸喜監督作品!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi