宮本信子「本当はハイジが演じたかった」 ジブリ新作「かぐや姫の物語」で声優初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月18日 > 宮本信子「本当はハイジが演じたかった」 ジブリ新作「かぐや姫の物語」で声優初挑戦
メニュー

宮本信子「本当はハイジが演じたかった」 ジブリ新作「かぐや姫の物語」で声優初挑戦

2013年11月18日 19:50

宮本信子が声優初挑戦「かぐや姫の物語」

宮本信子が声優初挑戦
[拡大画像]

[映画.com ニュース]高畑勲監督の14年ぶりとなる新作「かぐや姫の物語」の公開記念“満月イベント”が11月18日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主人公・かぐや姫の声優を務める朝倉あき、育ての親・媼(おうな)役の宮本信子が出席した。全国封切りを目前に控え「ドキドキしている」という朝倉に対し、ベテラン女優の宮本は「私は楽しみ」と貫録のコメント。宮本にとっては、初の声優挑戦だったが「私は高畑さんが手がけた『アルプスの少女ハイジ』の大ファンなんです。本当はハイジを演じたかった」と語り、会場の笑いを誘った。

高畑監督にとって「ホーホケキョとなりの山田くん」(1999)以来となる新作は、日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫が地球に姿を現した理由と、やがて月へ去らねばならなかった波乱の運命を「かぐや姫の罪と罰」という視点から描く。先日行われた完成報告会見では、高畑監督自ら「大変満足している」と手応えを示した。

朝倉は「ひとりの女性として、共感できるキャラクター。生きることにまっすぐ悩んでいる姿に、問答無用で気持ちを引っ張られる」と自身が演じたかぐや姫に共感。一方、宮本は「本当に絵巻や浮世絵が動き出したかのような映像が、もう素晴らしい!」と絶賛。さらに「古典になるべきバイブルであり、日本が世界に誇るアニメーション。(エンドクレジットで)作品にかかわった方々の名前を見ると、胸がいっぱいになった」と感動しきりだった。

イベントには、本作のために主題歌「いのちの記憶」を書き下ろされた二階堂和美が登場し、同楽曲のほか「天空の城ラピュタ」の主題歌「君をのせて」など計5曲を披露した。

かぐや姫の物語」は、11月23日から全国で公開。

パンダコパンダ[DVD] パンダコパンダ[DVD] 最安価格: ¥5,076 高畑勲×宮崎駿が子供たちに贈る永遠の名作アニメーション「パンダコパンダ」をDVD化。
平成狸合戦ぽんぽこ[Blu-ray/ブルーレイ] 平成狸合戦ぽんぽこ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,336 宅地開発により棲む土地を失う危機に瀕したタヌキたちが、先祖伝来の“化け学”を再興して人間達に抵抗する姿を描いたアニメ。監督:高畑勲

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi