森崎東監督、初日挨拶で86歳誕生日祝福され「まるで映画のよう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月16日 > 森崎東監督、初日挨拶で86歳誕生日祝福され「まるで映画のよう」
メニュー

森崎東監督、初日挨拶で86歳誕生日祝福され「まるで映画のよう」

2013年11月16日 14:48

全国公開を迎えた「ペコロスの母に会いに行く」「ペコロスの母に会いに行く」 全国公開を迎えた「ペコロスの母に会いに行く」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 森崎東監督の9年ぶりとなる最新作「ペコロスの母に会いに行く」が11月16日、全国82スクリーンで公開された。森崎監督は19日に86歳の誕生日を迎えることもあり、舞台挨拶中に出演した原田貴和子から花束を贈られた。万来の拍手に、「まるで映画のよう。いつ覚めるのか、覚めなくてもいい。このままいきます」と喜びを表現した。

11月9日から映画の舞台となった長崎で先行公開されている今作は、岡野雄一氏の介護日誌漫画「ペコロスの母に会いに行く」「ペコロスの玉手箱」が原作。岡野氏は、主演の岩松了赤木春恵、原田、大和田健介松本若菜、森崎監督とともに舞台挨拶に立ち「西の果ての地味な漫画がこういう広がりをみせるとは、1年前は想像もしていなかった」と頭を深々と下げた。

ニワトリはハダシだ」(2004)以来のメガホンとなった森崎監督は、「監督をしたといっても私は何もしていません。皆さんの演技に見とれていただけ」とキャスト陣を称賛。そして、「こういう結果を生むということを初めて知った。以後は全てこれでいこうと気が楽になった」とジョークを交えながら話し、客席の笑いを誘った。

85歳になる認知症の母に扮した89歳の赤木は、息子役の岩松を「フサフサとしたおつむがありながら、ツルツルにするのに毎朝6時起きだったはず。もっともっと親しくお付き合いしたかったけれど、何しろその作業が大変そうでお声をかけるのも気の毒に思った」と述懐。一方の岩松も、「母への愛情に関して、自分が孝行できなかった。赤木さんをお母さんと思い、思いやらせていただいた」と感無量の面持ちだった。

また、赤木の孫役で出演した大和田は、父で俳優の大和田伸也が森崎監督作「藍より青く」で赤木の息子役を演じている。12日に23歳になったばかりの大和田は、「すごく運命的なものを感じる。父からは、赤木さんは素敵な方だからたくさん甘えてきなさいと言われた」と告白。笑顔の赤木は、「本当に孫みたいな気持ち。なかなかいい青年です」と称えていた。

(映画.com速報)
喜劇 男は愛嬌[DVD] 喜劇 男は愛嬌[DVD] 最安価格: ¥2,039 監督・森崎東、主演・渥美清の名コンビで贈るダイナミック喜劇。
時代屋の女房[DVD] 時代屋の女房[DVD] 最安価格: ¥1,882 村松友視原作の小説を映画。“時代屋”という名の骨董品店を営んでいる男と突然店に居ついてしまった女との関係を描いた作品。監督:森崎東

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • アンダー・ザ・スキン 種の捕食の評論 アンダー・ザ・スキン 種の捕食 生々しい現実感と詩的な美しさに満ちた、エイリアンの地球発見の旅路
  • FRANK フランクの評論 FRANK フランク かぶり物をしたバンドマンたちの絡まる世界のすべてを、歌の誕生が祝福する
  • 悪童日記の評論 悪童日記 双子の美少年を通して戦争のむごさを描く人気小説の、正しい映画化
映画評論の一覧を見る
採用情報