宮崎駿監督の“感涙”捉えた…、ジブリに迫る「夢と狂気の王国」が全国封切り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月16日 > 宮崎駿監督の“感涙”捉えた…、ジブリに迫る「夢と狂気の王国」が全国封切り
メニュー

宮崎駿監督の“感涙”捉えた…、ジブリに迫る「夢と狂気の王国」が全国封切り

2013年11月16日 12:10

公開1週間前に「夢と狂気の王国」 を完成させた砂田麻美監督「風立ちぬ」

公開1週間前に「夢と狂気の王国」
を完成させた砂田麻美監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリの“今”を克明に映し出すドキュメンタリー「夢と狂気の王国」が11月16日、全国20スクリーンで封切り。同日深夜0時には、東京・新宿バルト9で世界最速上映が行われ、砂田麻美監督、プロデュースを手がけた川上量生氏らがカウントダウンに立ち会った。また、鈴木敏夫プロデューサーが飛び入り参加し「大変だったんですよ。仕事の邪魔ばかりして……(笑)。迷惑をかけている自覚はあるの? すべてがマイペースなんだから」と辛口な鈴木節で、砂田監督の労をねぎらった。

9月に引退を表明した宮崎駿監督の「風立ちぬ」、そして高畑勲監督の最新作「かぐや姫の物語」(11月23日公開)の制作が進むジブリの日常を通して、両監督の素顔や関係性、ふたりと向き合う鈴木プロデューサーの30数年をひも解く。自身の父親の最期を記録したドキュメンタリー映画「エンディングノート」が高く評価された砂田監督の「ジブリを題材にドキュメンタリーではなく、映画を撮る」という発想から生まれ、2012年秋から撮影が行われた。

本編完成からわずか1週間足らずだといい、砂田監督は「まだ心の半分はジブリにあるようで、フワフワした気持ち」となかば放心状態。一方、鈴木プロデューサーは「最初はどういうものを作りたいのかわからなかったが、『映画を撮る』というのが殺し文句になった。見事に映画になったよね。真実は何も伝えてないもんね(笑)」とニヤリ。映画のキャッチコピーを「ジブリにしのび込んだマミちゃんの冒険。」にした理由を「全部麻美ちゃんのせいにするため」と説明していた。

映画には「風立ちぬ」の主演声優に庵野秀明監督が決定した瞬間、鈴木プロデューサーが「かぐや姫の物語」の公開延期を決断する場面や、宮崎監督が「風立ちぬ」の試写鑑賞後に感涙し「自分の作品で泣いたのは初めてです」と挨拶するシーンなどが収められている。

本編上映を前に川上プロデューサー、「攻殻機動隊」「009 RE:CYBORG」などで知られるProduction I.Gの石井朋彦プロデューサー、細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を制作するためスタジオ地図を立ち上げた齋藤優一郎プロデューサーの3人がトークショーを実施。ジブリ在籍の経歴をもつ石井氏は「これまで製作されたどのドキュメンタリーとも違う。とても優しい視点で、心地よいヒリヒリ感がある。きれいな夢がいっぱい描かれるうち、狂気がジワジワ見えてくる歴史的作品」と高評価。齋藤氏も「客観的に両監督と鈴木さんを切り取っているし、ジブリの人たちが第4の主人公になっている点もいい。被写体の終わりと始まり、未来を感じた」と評した。

今回、鈴木プロデューサーから白羽の矢が立ち、初のプロデュース業に挑んだ川上氏は「完全に責任転嫁なんですよ」と苦笑い。それでも「きっと鈴木さんも(この企画に)関心があったはずだし、純粋に見たいから距離を置いたんだと思う」と語り、「映画を見ながら、誰が“王様”なのか考えてもらえれば」とアピールした。

現在、新宿バルト9の9階エントランスホールでは、世界一の庭師として国際的に活躍するランドスケープアーティストの石原和幸氏が、緑に囲まれたスタジオジブリとジブリ作品をモチーフに造園した“ジブリの庭”が展示されている(11月22日まで)。

となりのトトロ[DVD] となりのトトロ[DVD] 最安価格: - 昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈る大ヒット・ファンタジーアニメ。
魔女の宅急便[DVD] 魔女の宅急便[DVD] 最安価格: - 見習い魔女の女の子が、出会いや別れ、挫折などを乗り越えて成長していく姿を描いた、宮崎駿監督が贈る名作アニメ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi