エンタメ業界が推進 米小学校のカリキュラムに著作権保護教育導入なるか? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月14日 > エンタメ業界が推進 米小学校のカリキュラムに著作権保護教育導入なるか?
メニュー

エンタメ業界が推進 米小学校のカリキュラムに著作権保護教育導入なるか?

2013年11月14日 22:40

[映画.com ニュース] アメリカ映画協会(MPAA)やアメリカレコード協会(RIAA)といった業界団体が、アメリカの小学校での著作権教育導入を推進しているとロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

MPAAによれば、映画やテレビ番組の違法配信により、年間で数10億ドルもの収益が失われており、業界を支える人々の生活が脅かされているという。これまでに、違法ダウンロードを行った大学生に訴訟を起こすなどの対策を取ってきた同団体だが、幼いうちから著作権の価値を教えたほうが得策と考えたようだ。

子どもたちにクリエイティビティと創造物を守ることの重要性を説く「クリエイターになろう!」など、複数のカリキュラムを提案している。しかし、偏った価値観を植え付けることになる、公立学校の基礎教育がいっそう疎かになるなどの反対意見も出ており、実現に至るかどうかは不透明だ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi