「すべては君に逢えたから」主題歌 ゆず×JUJU対談で明かされる制作秘話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月12日 > 「すべては君に逢えたから」主題歌 ゆず×JUJU対談で明かされる制作秘話
メニュー

「すべては君に逢えたから」主題歌 ゆず×JUJU対談で明かされる制作秘話

2013年11月12日 14:30

それぞれの「守ってあげたい」を歌うゆずとJUJU「すべては君に逢えたから」

それぞれの「守ってあげたい」を歌うゆずとJUJU
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリスマスの東京駅を舞台に男女10人それぞれの恋模様を描いた群像劇「すべては君に逢えたから」(11月22日公開)で、主題歌を手がけた男性デュオ「ゆず」(北川悠仁岩沢厚治)と劇中歌を歌うJUJUの対談が実現した。2組はそれぞれ同タイトルの「守ってあげたい」という楽曲を歌っている。

「守ってあげたい」は、大切な人を守りたいという気持ちが込められたバラードで、もともとはゆずが自分たちの新曲として制作を進めていた楽曲で、「すべては君に逢えたから」のコンセプトに合致したことから主題歌・劇中歌への起用が決定。さらに、「自分たちの歌詞と対になる女性目線で歌ってほしい」という北川の発案から、ゆずの原曲にアレンジを加えた女性バージョンをJUJUが歌うことになった。

ゆずは昨年9月、15周年のドームツアーが終えた後のオフ期間に同曲の制作に着手。出来あった楽曲はアルバムに収録される予定だったが、その出来の良さから別の形で発表しようと温めていた。

そうした中で今回の企画が浮上し、ゆずサイドからJUJUへオファーした。JUJUは、最初に話を聞いた際の気持ちを「『わたしでいいんですか?』というのが最初の印象です。とても嬉しかったです」と述懐。JUJUサイドで楽曲にアレンジを加える作業は、「もともとが素晴らしい曲なので非常に緊張する作業でした。男性的な『守ってあげたい』ではなく、女性目線での『守ってあげたい』というのは、この曲に対してどう答えるのが一番正解なのかということにとても心を砕く作業でした」という。「強い男性に『守ってあげたい』と言われるからこそ持てる感情というものを、こちら側の『守ってあげたい』で出せたらいいなと思いました」

また、岩沢は「譜面を見たときにえらい難しいなあと思ったのが第一印象」と制作過程を振り返る。「やたら転調しているんですよ。結構骨が折れる曲だなあと思いました(笑)。音楽的な話を抜きにして、男の叫びというか、これは真剣に取り組まなければ完成までに至らないぞという気合が入った曲で、音から気合が伝わってきました」

2組の「守ってあげたい」は予告編にも使われており、歌と映画の世界観がマッチしている様が見て取れる。北川は、同曲を手がけるにあたり「確かにラブソングという側面はありつつ、パートナーシップや、愛情の種類を限定したくないなあと思っていたんです。いろいろな方とリンクできるように、ということは歌詞を書きながら心がけていました」という。

そして、「今回この映画を見たときにいろんな種類の関係性があって、その関係性の中でも響き方がそれぞれ違うなあと思ったので、それは作者としてとても嬉しくて。もともと、いろいろな響き方をしてほしいと思って作った曲だったので、映画の中でそういう形で活きたのはすごく嬉しいです」と出来上がりに満足げだ。JUJU側の「守ってあげたい」についても、「やはり自分たちは男性なので自分たちの目線でしか今まで曲を書いてこなかったんですけど、同じテーマで女性が書いて歌うとこんなにも違う曲になるんだなというのはびっくりしたし、逆に自分たちが持っている個性みたいなものを再認識できました」と話している。

LIVE FILMS GO LAND[DVD] LIVE FILMS GO LAND[DVD] 最安価格: ¥3,812 2013年9月23日に横浜アリーナで行われた、ゆずの「YUZU ARENA TOUR 2013 GO LAND」のライブ映像。
ジュジュ苑全国ツアー2012 at 日本武道館[DVD] ジュジュ苑全国ツアー2012 at 日本武道館[DVD] 最安価格: ¥4,044 10月10日“JUJUの日”を記念して、2012年10月10日に日本武道館で行われた人気カヴァーライブ「JUJU苑」の模様を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi