M・T・ジョルダーナ監督が未解決事件に挑んだ新作予告で描く激動のイタリア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月8日 > M・T・ジョルダーナ監督が未解決事件に挑んだ新作予告で描く激動のイタリア
メニュー

M・T・ジョルダーナ監督が未解決事件に挑んだ新作予告で描く激動のイタリア

2013年11月8日 14:00

「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」の一場面「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」

「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」の一場面
(C)2012 Cattleya S.r.l. – Babe Films S.A.S
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「輝ける青春」のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が、イタリアを震撼させたフォンターナ広場爆破事件を題材に撮りあげた「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」の予告編を、映画.comが独占で入手した。

2012年ダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、最優秀助演男優賞など3部門に輝いたヒューマンサスペンス。事件発生から44年を迎えた今なお、真相は解明されておらず、イタリア最大の未解決事件とされる事件を、緊迫感に満ちた映像で映画化した。バレリオ・マスタンドレアが事件を追う刑事、「題名のない子守唄」のピエルフランチェスコ・ファビーノが謎の死を遂げる容疑者を演じる。

1969年、イタリア・ミラノ。学生運動の熱が高まる最中、フォンターナ広場に面した農業銀行が爆破され、死者17人、負傷者88人を出す大惨事が発生する。無政府主義者による犯行を疑うミラノ警察は容疑者たちを逮捕していくが、現場指揮官のカラブレージ警視は捜査に疑念を抱いていた。しかし、リーダー格と見られる容疑者のひとり、ピネッリが取調べ中に転落死したことから、事態は急展開を迎える。

予告編は、当時大ヒットしたギリシャのバンド「アフロディテス・チャイルド」の名曲「雨と涙」にのせ、激動の時代の熱気がよみがえる。捜査にあたるカラブレージが、事件隠ぺいを画策する政府の思惑、交錯する捜査関係者の推測に翻ろうされ、苦悩する姿が生々しく浮かび上がる。ピネッリの死は事故、それとも殺人なのか。事件に隠された事実がスリリングに暴かれていく。

フォンターナ広場 イタリアの陰謀」は、12月21日から全国で公開。

狂った血の女[DVD] 狂った血の女[DVD] 最安価格: ¥3,352 1930年代のムッソリーニ政権下のイタリアで、美貌と才能で国民的スターへと登り詰めるも、男優との愛に溺れ、セックスとドラッグと暴力にまみれた世界へと引きずり込まれていった女優のスキャンダラスな人生を赤裸々に綴る作品。監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
天使と悪魔 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 天使と悪魔 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,995 大ヒットを記録した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾!出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi