AKB岩佐美咲、聖子らカバーし成長実感 ソロでも「年末忙しくなれば」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月6日 > AKB岩佐美咲、聖子らカバーし成長実感 ソロでも「年末忙しくなれば」
メニュー

AKB岩佐美咲、聖子らカバーし成長実感 ソロでも「年末忙しくなれば」

2013年11月6日 17:00

記念イベントに出席した岩佐美咲「つぐない」

記念イベントに出席した岩佐美咲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] AKB48メンバーでソロ演歌歌手の岩佐美咲が11月5日、初のアルバム「リクエスト・カバーズ」(11月6日発売)の記念イベントを東京・マルイシティ渋谷で行った。アルバムでは「赤いスイートピー」(松田聖子)や「愛のままで…」(秋元順子)など往年の演歌・歌謡の名曲12曲をカバーし、「一曲一曲と向き合い、すごく成長できた」と満足げ。「AKB48としても、演歌歌手・岩佐美咲としても、年末忙しくなったらいいな」と音楽イベントシーズンに意気込んだ。

2012年2月に「無人駅」でソロデビューして2年目。セカンドシングル「もしも私が空に住んでいたら」に続き、カバーアルバムもリリースでき充実した年に。「昨年は目の前のことで精一杯だったけれど、今年はもっとこうしたい、こうすれば成長できると考えられるようになった」と生き生き。さまざまな名曲を収めたアルバムを「岩佐美咲の色んな面が全部見られる一枚」と力強くアピールした。

次の目標はソロコンサート。この日のイベントは2回で1000人から大歓声。また、アルバムでカバーしてほしい楽曲を募ったリクエスト投票総曲数は2万通にのぼるなど、着実にファンを増やしていて「目指せ武道館!」と勢いづいた。しかし、すぐに「やっぱり渋公(渋谷公会堂)で」と翻し、「だって渋公って響きがカッコ良くないですか?」と笑わせていた。

「AKB48グループドラフト会議」の初開催が10日に控える。ソロだけでなくグループでの活動にも精力的で、所属するチームBの新人には「なによりお客さんと一緒に楽しく盛り上がるのを一番大事にするチームだから、愉快な子がいい」と期待を寄せ、「つぶすつもりでかかってきてください!」。

リクエスト募集を経てアルバム「リクエスト・カバーズ」に収録された全12曲は、「越冬つばめ」(森昌子)、「つぐない」(テレサ・テン)、「北の宿から」(都はるみ)、「ブルー・ライト・ヨコハマ」(いしだあゆみ)、「ハナミズキ」(一青窈)、「なごり雪」(イルカ)、「愛のままで…」(秋元順子)、「待つわ」(あみん)、「涙そうそう」(夏川りみ)、「ラヴ・イズ・オーヴァー」(欧陽菲菲)、「時の流れに身をまかせ」(テレサ・テン)、「赤いスイートピー」(松田聖子)。岩佐は「演歌・歌謡の良いとこどり。ふだん演歌・歌謡を聴かない人にもきっかけになれば」と話していた。(映画.com×文化通信.com)

AKB48 2013 真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃい...[Blu-ray/ブルーレイ] AKB48 2013 真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃい...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥12,806 2013年7月20日の福岡ヤフオク!ドームを皮切りに全国5会場で開催された“5大ドームツアー”。
ミリオンがいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~ スペシャルBOX[Blu-ray/ブルーレイ] ミリオンがいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~ スペシャルBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥13,988 AKB48のヒットソング満載のMusic Video集第3弾!!2011年5月発売の「Everyday、カチューシャ」から2013年5月発売の「さよならクロール」まで、更にチームサプライズを加えたミュージックビデオを収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi