ホリエモン、自著映画化決定にメガホンは「モテキ」大根仁監督希望? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月5日 > ホリエモン、自著映画化決定にメガホンは「モテキ」大根仁監督希望?
メニュー

ホリエモン、自著映画化決定にメガホンは「モテキ」大根仁監督希望?

2013年11月5日 22:20

新たなビジョンをふくらませる堀江貴文氏「モテキ」

新たなビジョンをふくらませる堀江貴文氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ライブドア元社長で実業家の“ホリエモン”こと堀江貴文氏が11月5日、2011年に死去したアップルの創設者スティーブ・ジョブズの実像に迫った伝記映画「スティーブ・ジョブズ」(公開中)について、都内で語った。堀江氏が執筆した半自伝的経済小説「拝金」の映画化も決定したそうで、「座組はまだまだ未定だけど、『モテキ』や『恋の渦』が面白かったので、大根仁監督とかだったら斬新な手法で作ってくれそう。今までのやり方じゃつまらない」と新たなビジョンをふくらませていた。

映画は、アップル社をリードする若き経営者として大成功を手にしたものの、激しい性格のあまり周囲との不和に苦しみ、やがては組織を追われたジョブズの知られざる挫折と栄光に迫る。アシュトン・カッチャーを徹底的な役作りでジョブズを熱演した。

堀江氏は、稀代の天才・ジョブズの半生の映画化に「ビジュアルでイメージしていた通りで充実に再現されていた」と感心しきり。ジョブズの非情な仕事人間ぶりにも、「あれぐらいじゃないと2回も革命的なことをやれない。マッキントッシュを生み出して会社を放り出され、復帰してiPhone。自分が良いと思ったものを作るしかない。変態ですよね。うらやましい」と最高のほめ言葉をおくった。さらに、「アップル製品は僕がIT業界に入るきっかけのひとつ。コンピューターの仕事とかやりたくなかったけど、マックで格好いい仕事をしている人が多かったので、それでやる気も起きた」とアップルとの出合いに感謝していた。

堀江氏は、服役中に数多くの映画を鑑賞したそうで「週2回くらいは映画を見ていて、『ソーシャル・ネットワーク』も刑務所で見た。Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグは、世界中の“出会い格差”を是正して戦争を少しでも減らしたという点で、ノーベル平和賞をもらってもいいと思う。一方で、ザッカーバーグを世に送りだしたショーン・パーカーという存在も大きかった。体育会系と違って、サブカルのリア充はオタクを差別しない。ジョブズも天才技術者のウォズニアックを世に出したところが、ザッカーバーグとパーカーの関係性と似ている」とIT業界の知られざる裏側を語った。

モテキ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] モテキ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,354 恋が、攻めてきたッ!かつてない恋愛映画!超進化系☆恋愛エンターテインメント!監督:大根仁
まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥13,165 いろいろあるのさ、誰だって。職業、便利屋。痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー。監督:大根仁

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi