戸田恵梨香「SPEC」完結に感無量 「私にとっても第1ステージが終わった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月1日 > 戸田恵梨香「SPEC」完結に感無量 「私にとっても第1ステージが終わった」
メニュー

戸田恵梨香「SPEC」完結に感無量 「私にとっても第1ステージが終わった」

2013年11月1日 18:15

本作を漢字で表現したキャスト陣「劇場版 SPEC 結(クローズ) 漸(ゼン)ノ篇」

本作を漢字で表現したキャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の戸田恵梨香が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「劇場版 SPEC 結(クローズ) 漸(ゼン)ノ篇」の初日舞台挨拶に登壇。本作を漢字ひと文字で“終”と表し、「シリーズの終わりであると同時に、私にとっても第一ステージが終わった」とシリーズ完結に感無量の面持ちだった。

さらに戸田は「迷いながら女優を続けるなかで、(戸田演じる)当麻と出合って、ひとつの道筋を見つけることができた。これからは新たなステージを歩いていくんだなと思う」と決意も新た。「この3年間でやることはやりきったし、達成感があります。私にとっては大きな存在で、代表作です」と胸を張った。

舞台挨拶には戸田をはじめ、共演する加瀬亮竜雷太向井理大島優子堤幸彦監督が登壇した。戸田との名コンビぶりでファンを魅了した加瀬は「今の気持ちは“半”。さみしさ半分、晴れやかな気持ち半分です」と今も胸中は複雑な様子。向井と大島は「結(クローズ)」で本格的な出演を果たしており、「見終わっても埋め切れない空白を、ぜひご覧になった皆さんなりに埋めてもらって、それぞれオリジナルの『SPEC』を作ってもらえれば」(向井)、「もともと大ファンだったので、嬉しいと同時に緊張の現場だった。堤監督には女優として新しい幅を作ってもらった」(大島)と語った。

警視庁公安部の特殊捜査官・当麻紗綾(戸田)と瀬文焚流(加瀬)が、特殊能力“SPEC”を持った犯罪者に立ち向かう姿を描いた連続ドラマ「SPEC」の完結編。その前編パートにあたる本作は同日、全国290スクリーンで封切り。11月29日には真の完結編となる「劇場版 SPEC 結(クローズ) 爻(コウ)ノ篇」が公開されるが、堤監督は「まだ全然完成していません。ここでしゃべっている場合ではないが、100人以上のスタッフが頑張っており、すごいものになると確信している」と自信を深める。竜は「ケイゾク」から堤監督とのタッグが続いており「これで、ひとつの完了」と思いをかみしめていた。

「SPEC~零~」警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件...[Blu-ray/ブルーレイ] 「SPEC~零~」警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,376 主人公・当麻が自身の左手を失うこととなったエピソードが描かれる!特典ディスク付。
SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥20,218 西荻弓絵、堤幸彦といったドラマ『ケイゾク』のスタッフたちが贈る新感覚の刑事ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi