アシュトン・カッチャー、「スティーブ・ジョブズ」で得た明確なビジョン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月1日 > アシュトン・カッチャー、「スティーブ・ジョブズ」で得た明確なビジョン
メニュー

アシュトン・カッチャー、「スティーブ・ジョブズ」で得た明確なビジョン

2013年11月1日 06:00

渾身の役作りで挑んだアシュトン・カッチャー

渾身の役作りで挑んだアシュトン・カッチャー
(C)KaoriSuzuki
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2011年に死去した、米アップルの元最高経営責任者のスティーブ・ジョブズ氏の生涯を描いた伝記映画「スティーブ・ジョブズ」が、本日11月1日から公開される。徹底したリサーチを重ね、外見だけでなく物腰までジョブズ氏になりきって演じたアシュトン・カッチャーが、作品について語った。

本作の出演前から、ジョブズ氏と容姿が似ていると噂されていたが、カッチャーはそうは思っていなかったと言う。しかし、「彼が亡くなって、オンラインに僕たちふたりの写真が並んで出始めて、『オッケー、類似点はあるな』と思ったんだ」と明かす。そして、オファーを受けた時は、「とても怖かったんだけど、すぐに返事したよ」といい、脚本を読み「他の人々が彼の人生から学ぶことが出来ると思った」と述懐する。映画のストーリーが何を意味するのか、さらにはジョブズ氏を演じることが何を意味するのか、カッチャーにはビジョンがあったようだ。

脚本を読んだ翌日、メガホンをとるジョシュア・マイケル・スターン監督と会い、早速準備に取りかかる。3カ月かけ、「スティーブ・ジョブズに関するすべてのものを消費し、彼が消費したというものすべてを消費した。どういう人物かということを、全体的に理解しようとした」という。その役作りの結果は周知の通りだが、「ジョシュ(監督)が、スティーブ・ジョブズの周囲に存在していたキャラクターや世界を作り上げてくれたおかげで、いかなる瞬間もどう感じるべきなのか分かった」と、監督の存在が不可欠だったことをうかがわせた。

完成した作品に対する周囲の反応は、その人がジョブズ氏についてどの程度知っているかで異なったようだ。ジョブズ氏の熱狂的なファンは、「ちょっと待ってくれ。他に何か起きたんじゃないの? って感じ」だというが、「彼のほぼすべてのプロフェッショナル・ライフは、録画されているか、記録されている。すべてを見つけることが出来るんだよ」と切り返す。それでもすべての反響を受け止め、「興味深い意見の相違があると思うよ」と語った。

多忙なスケジュールのため来日は果たせなかったカッチャーだが、インタビューの締めくくりとして、日本に向けてメッセージを寄せた。「11月1日、スティーブ・ジョブズは、あなたの近くの映画館で、生き返ります」。

ベガスの恋に勝つルール<完全版>[DVD] ベガスの恋に勝つルール<完全版>[DVD] 最安価格: ¥933 キャメロン・ディアス×アシュトン・カッチャーの共演で贈る痛快ロマンティック・コメディ!
スティーブ・ジョブズの真実[DVD] スティーブ・ジョブズの真実[DVD] 最安価格: ¥814 “世界を変えた男”スティーブ・ジョブズの本格ドキュメンタリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi