保険証のない貧困ロマ一家の実話を映画化 「鉄くず拾いの物語」予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月30日 > 保険証のない貧困ロマ一家の実話を映画化 「鉄くず拾いの物語」予告
メニュー

保険証のない貧困ロマ一家の実話を映画化 「鉄くず拾いの物語」予告

2013年10月30日 08:00

「鉄くず拾いの物語」の一場面「鉄くず拾いの物語」

「鉄くず拾いの物語」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2013年ベルリン国際映画祭で銀熊賞など3冠に輝いた、ダニス・タノビッチ監督最新作「鉄くず拾いの物語」の予告編が公開された。

ボスニア・ヘルツェゴビナに住むロマの女性が、貧困のなか保険証がないために手術を受けることができないという新聞記事を読んだタノビッチ監督が、実話を基に、当事者たちの出演により自主製作として9日間で一気に撮り上げたドキュメンタリータッチのヒューマンドラマ。監督は「ロマのような人々への差別は、今日のヨーロッパではどこでも見られる現象です。私の国には多くの被差別民がいて、というか実際我が国のほとんどの人は何らかの形で差別を受けているのではないかと思います」とコメントを寄せている。

拾った鉄くずを売って一家の生計を支えるロマのナジフとその妻セナダは、2人の娘と暮らし、セナダは3人目をお腹に身ごもっている。ある日、セナダは強い腹痛を訴え、病院で胎児が死んでいることを告げられる。手術を受けなくては命に関わる状態だが、病院は保険証を持っていないセナダに、980ボスニア・マルク(500ユーロ)の支払いを要求する。

予告編では、ベルリン映画祭授賞式の華々しい模様から、本編のナジフ一家の生活を映し出す。慎ましくも幸せに暮らしていた一家だったが、セナダの手術費が用意できないという厳しい現実がのしかかり途方にくれるナジフの様子、その後妻を救いたい一心で行動を起こす姿を切り取っている。

鉄くず拾いの物語」は2014年1月11日新宿武蔵野館ほか全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

鉄くず拾いの物語[DVD] 鉄くず拾いの物語[DVD]最安値: ¥3,163
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi