小室哲哉が映画館で初ライブ、ジョブズ氏に捧ぐ名曲「Departures」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月29日 > 小室哲哉が映画館で初ライブ、ジョブズ氏に捧ぐ名曲「Departures」
メニュー

小室哲哉が映画館で初ライブ、ジョブズ氏に捧ぐ名曲「Departures」

2013年10月29日 20:19

小室哲哉がジョブズ氏に捧げるトリビュートライブを披露

小室哲哉がジョブズ氏に捧げるトリビュートライブを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズの半生を、没後初めて映画化した「スティーブ・ジョブズ」(アシュトン・カッチャー主演)のジャパンプレミアが10月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、初来日したジョシュア・マイケル・スターン監督が出席。また、ジョブズ氏の熱心なファンだというミュージシャンの小室哲哉が、ジョブズ氏に捧げるトリビュートライブを披露した。

小室が映画館でライブを行うのは初めて。iMac、Thunderbolt Displayといったアップル製品を接続したキーボードで、自身のユニット「globe」の名曲「departures」、米ロックバンド「イーグルス」の代表曲「Desperado(ならずもの)」の2曲をメドレーで演奏し、スターン監督は「音楽のエモーショナルな広がりを感じる」と感激しきりだった。

長年、アップル製品を使って楽曲製作を行ってきた小室は「ジョブズさんと僕の音楽人生は、切っても切れない縁がある」と最敬礼。そして、「ミュージック・インダストリー(音楽産業)の根底を覆し未来を作った、すごいレボリューションを起こした人物。頭に思い描いたことを、実現しようとする姿には共感する」と話していた。

スターン監督は「複雑な面をもった人物だったが、未来を見据えるという意味ではやはり天才。多くの革命を起こしたジョブズ氏の姿を、愛と敬意をもって映画化した」と誇らしげだ。小室が「ジョブズさんは確実にクリエーターであり、アーティスト」と話すと、「特に若い頃は自分のビジョンに対し、テクノロジーが追いついていない現実にフラストレーションを感じていたはず。そういう意味では、映画監督やミュージシャンと同じだと思う」と同意していた。

スティーブ・ジョブズ」は、11月1日から全国で公開。

スティーブ・ジョブズの真実[DVD] スティーブ・ジョブズの真実[DVD] 最安価格: ¥814 “世界を変えた男”スティーブ・ジョブズの本格ドキュメンタリー。
ベガスの恋に勝つルール<完全版>[DVD] ベガスの恋に勝つルール<完全版>[DVD] 最安価格: ¥933 キャメロン・ディアス×アシュトン・カッチャーの共演で贈る痛快ロマンティック・コメディ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi