ミッツ・マングローブ、恋愛観は「恋なんかいらない、肉がほしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月29日 > ミッツ・マングローブ、恋愛観は「恋なんかいらない、肉がほしい」
メニュー

ミッツ・マングローブ、恋愛観は「恋なんかいらない、肉がほしい」

2013年10月29日 16:30

(左から)おすぎ、ミッツ・マングローブ、ピーコ「恋するリベラーチェ」

(左から)おすぎ、ミッツ・マングローブ、ピーコ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実在の天才ピアニスト、リベラーチェの晩年をマイケル・ダグラスマット・デイモン主演で映画化した「恋するリベラーチェ」(スティーブン・ソダーバーグ監督)の公開直前イベントが10月29日、都内の劇場で行われ、タレントのミッツ・マングローブと映画評論家のおすぎ、ファッション評論家のピーコが登壇した。

映画のテーマにちなみ、自身の恋愛を問われたミッツは「恋なんかもういらない。私は肉がほしい。心は二の次、三の次でまず肉体」ときっぱり。「この年になると自分をだましたり、暗示をかけたりするのはうまくなりました。ああいう世界で生きていると同性愛っていうことに背徳感や罪悪感を自分で抱いて躊躇してしまう現実があると思う。自ら暗示をかけて、人を愛して依存してしまうゲイカップルは多い。私もあてはまるし、セックスに依存してしまう」と自身の恋愛観を語った。

1950~70年代のアメリカで派手な衣装やパフォーマンスで一世を風靡(ふうび)し、同性愛者でもあった天才ピアニスト、リベラーチェと青年スコット・ソーソンの5年間に及んだ恋愛関係を描く。本国アメリカではHBOのテレビ映画として製作され、第65回エミー賞で作品賞、主演男優賞ほか最多11部門を受賞。特殊メイク賞は日本人特殊効果アーティスト矢田弘氏が受賞した。

本作を「かなりさらりとできているゲイの映画」と評したおすぎは、主演の2人が一緒にジャグジーに入るシーンを挙げ「ああいうシーンはいままで大スター2人がやることはないので、度肝を抜かれた。あとはロブ・ロウのあまりの汚さにびっくりした」と話す。さらに、「ソダーバーグの作品はここのとこ良くないけど、これはとにかく安心した。女の子もどの年代の人が見ても納得できて、恋するっていうことがよくわかる映画」と映画の出来に満足していた。

恋するリベラーチェ」は11月1日から全国で公開。

コーラスライン[DVD] コーラスライン[DVD] 最安価格: ¥1,373 ブロードウェイの大ヒットミュージカルをリチャード・アッテンボロー監督が見事に映画化した作品。出演:マイケル・ダグラス
プライベート・ライアン[DVD] プライベート・ライアン[DVD] 最安価格: ¥927 第二次世界大戦の時代を舞台に、行方不明の兵士の捜索・救出指令を受けた、8人の精鋭部隊の命懸けの救出劇を描いた、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が贈る戦争ドラマ作品。出演:マット・デイモン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi