寺島しのぶ審査員、「今度はコンペに選ばれる作品に出たい」とさらなる意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月25日 > 寺島しのぶ審査員、「今度はコンペに選ばれる作品に出たい」とさらなる意欲
メニュー

寺島しのぶ審査員、「今度はコンペに選ばれる作品に出たい」とさらなる意欲

2013年10月25日 22:30

コンペティション部門で審査員を 務めた女優の寺島しのぶ「ウィ・アー・ザ・ベスト!」

コンペティション部門で審査員を
務めた女優の寺島しのぶ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第26回東京国際映画祭でコンペ部門の審査員を務めたチェン・カイコー監督、寺島しのぶムン・ソリクリス・ワイツ監督、クリス・ブラウンが会見。続いて東京サクラグランプリを獲得した「ウィ・アー・ザ・ベスト!」のルーカス・ムーディソン監督ら各受賞者の会見が行われた。

満場一致だったというグランプリの選考について、ブラウンが代表して「判断は容易だった。子どもたちのエネルギーに満ちた力強い演技が刺激的で、誰もがひきつけられた」と評価。委員長のカイコー監督も、「10代の女の子たちが成長していく過程、喜びや悲しみなどの人生経験、そして大人との対立は誰もが共感できるテーマであり、感動した。真剣なディスカッションができたし、結果には全員が満足している」と補足した。

寺島は納得の笑みを浮かべながらも、「個人的な観客の目線で見て、素晴らしい、これだというものを感じることができなかった」と素直な心情を吐露。「キャタピラー」でベルリン国際映画祭の女優賞を受賞した経験があるためか、「(コンペに選出された2本の)日本映画が評価されなかったのが残念。映画をあらためて見つめ直す時間になったし、今度はコンペに選ばれる作品に出演したい」と意欲を見せた。

一方、絶大な評価を受けたことについて、ムーディソン監督は「個人的な意見だが、シリアスであってもユーモアがあって笑い飛ばすことができる作品が好き。そういう作品が撮りたくて、それができたからかもしれない」と分析。妻で漫画家のココの原作を映画化したが、「妻の作品ということは抜きにして大好きな本だった。2人は似た者同士で、同じような音楽を聴いて育ったので、2人でのプロジェクトは自然の流れだった。彼女は私の人生の専門家で、妻も私の人生の専門家だから」と夫唱婦随ぶりを強調した。

また、日本映画スプラッシュ部門で作品賞に輝いた「FORMA」の坂本あゆみ監督は6年をかけて完成させた同作について、「途中で体調を崩したけれど、ひとつ言えることは諦めなかったこと。周りの皆さんのおかげで映画を完成させることができ、今この場にいます」と感慨深げ。スタッフとしてつき、経験を積んだ塚本晋也監督からは「おめでとう。今回は見ることができなかったけれど、必ず見せてね」という祝福の電話とメールがあったことを明かし、ようやく笑顔を見せた。

千年の愉楽[DVD] 千年の愉楽[DVD] 最安価格: ¥3,959 紀州が生んだ鬼才・中上健次の代表作「千年の愉楽」を、若松孝二が映画化。出演:寺島しのぶ
キャタピラー[DVD] キャタピラー[DVD] 最安価格: ¥3,926 若松孝二が描く、人間の真実。そして男は“軍神”となり、“奴隷”となった。寺島しのぶ、大西信満ほか出演。”となった。寺島しのぶ、大西信満ほか出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi