女性グループ「サファイアズ」を題材にした音楽映画、来年1月日本上陸! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月24日 > 女性グループ「サファイアズ」を題材にした音楽映画、来年1月日本上陸!
メニュー

女性グループ「サファイアズ」を題材にした音楽映画、来年1月日本上陸!

2013年10月24日 09:00

邦題は「ソウルガールズ」「ソウルガールズ」

邦題は「ソウルガールズ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オーストラリアの先住民アボリジニの女性4人で結成されたボーカルグループ「サファイアズ」を題材にした豪映画「THE SAPPHIRES」が、「ソウルガールズ」の邦題で2014年1月11日から公開されることが決定した。

ソウルミュージックと出会ったことから、自分たちのソウル=魂を見つけ人生を切り開いていく女性たちの生きざまを痛快に描くサクセスストーリー。サファイアズのメンバー、ビバリー・ブリッグスの息子トニー・ブリッグスが、母親の体験談をもとに戯曲を執筆し、その舞台が成功を収めたことから映画化に至った。オーストラリアで大ヒットを記録し、米レビューサイトRotten Tomatoesで92%という高評価を得た注目作が、日本上陸を果たす。

舞台は1968年のオーストラリア。アボリジニ居住区に暮らすゲイル、シンシア、ジュリーの3姉妹といとこのケイは音楽好きで、カントリーミュージックのスター歌手になることを夢見ていた。しかし、差別意識が根強く残っており、コンテストに出場してもあえなく落選。そんな矢先に出会った自称ミュージシャンのデイヴからソウルミュージックを叩き込まれ、彼女たちの運命は一変する。

メガホンをとったのは、これが長編初監督作となる新鋭ウェイン・ブレア。オーストラリアの国民的人気アイドル歌手ジェシカ・マーボイや、「裸足の1500マイル」のデボラ・メイルマンがサファイアズのメンバーに扮し、主人公たちを成功に導いたマネージャー役を「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のクリス・オダウドが好演した。

ソウルガールズ」は、14年1月11日からヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン[DVD] ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン[DVD] 最安価格: ¥927 『セックス・アンド・ザ・シティ』を超えた傑作ガールズ・コメディ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi