佐野和真、「継続は力なり!」とアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月20日 > 佐野和真、「継続は力なり!」とアピール
メニュー

佐野和真、「継続は力なり!」とアピール

2013年10月20日 09:00

初日舞台挨拶に登壇した佐野和真 と共演の遠藤雄弥、元木隆史監督「ガチバン」

初日舞台挨拶に登壇した佐野和真
と共演の遠藤雄弥、元木隆史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気の番長映画「ガチバン」シリーズの最新第作「ガチバン エクスペンデット」が、10月19日に公開初日を迎え、主演の佐野和真と共演の遠藤雄弥元木隆史監督が都内の劇場で舞台挨拶を行った。

伝説の番長・森紋児(佐野)の東京進出を描いた今作。紋児は仲間を助けるため、ヤクザの組長のドラ息子を刺してしまう。追っ手として同世代のヤクザ・京平(遠藤)がやってくるが、互いの境遇を知り、京平も足を洗うことを決意する…。佐野は足を運んだファンを前に、「ホッとしました。『ガチバン』なりに“お・も・て・な・し”をしたいと思います!」と語り会場を沸かせる。佐野はこのネタに全てを賭けていたようで、客席の反応に「よかったー。緊張した」と安堵の笑みを浮かべていた。

佐野にとって同シリーズ出演は他のどの俳優よりも多い11作目。「今年で芸歴がだいたい10年になりますが、5年『ガチバン』をやっているので、僕の血の半分は『ガチバン』でできてます!」とガチバン愛を力強く語った。

遠藤の同シリーズ出演は2回目。「新米の一兵卒として佐野くんに胸を借りるつもりで臨みました」と振り返る。佐野は、過去の同シリーズの舞台挨拶で「どの敵がいままでで一番強かったか?」という質問をされたことがあったと述懐し、本作で拳を交えた遠藤について「いままでをはるかに上回るくらい、強かったです! 腕のアザが1週間弱消えませんでした」と遠藤の強さを証言した。

佐野は今後も、シリーズに参加していく意向のようで「“継続は力なり”と言いますが、これから体を張って証明していきたい!」と宣言した。

赤い文化住宅の初子[DVD] 赤い文化住宅の初子[DVD] 最安価格: ¥3,175 松田洋子の同名漫画をタナダユキが監督、主演に東亜優を迎えた痛々しいまでに切なく、そしてささやかな愛情をもって描かれた少女の純愛物語。共演は塩谷瞬、佐野和真ほか。
東京少女(デラックス版)[DVD] 東京少女(デラックス版)[DVD] 最安価格: ¥2,765 決して逢うことのできない二人が、100年の時を超えてドラマを紡ぎ出していく切ないラブストーリー。出演:佐野和真

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi