林海象監督&永瀬正敏、17年ぶりタッグの“新世紀映画”「彌勒」で横浜がい旋! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月19日 > 林海象監督&永瀬正敏、17年ぶりタッグの“新世紀映画”「彌勒」で横浜がい旋!
メニュー

林海象監督&永瀬正敏、17年ぶりタッグの“新世紀映画”「彌勒」で横浜がい旋!

2013年10月19日 06:00

横浜での会見に出席した 永瀬正敏、林海象監督ら「彌勒 MIROKU」

横浜での会見に出席した
永瀬正敏、林海象監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「私立探偵濱マイク」の林海象監督と永瀬正敏が17年ぶりにタッグを組んだ「彌勒 MIROKU」が関東初上陸を果たし10月18日、神奈川・横浜赤レンガ倉庫で生演奏付きのフィルム・オーケストラ上映が行われ、林監督と永瀬をはじめ、共演の土村芳近衛はならが会見した。

大正から昭和にかけて数々の作品を発表した、作家・稲垣足穂の自伝的小説「弥勒」を映画化。永瀬が売れない極貧作家・江美留役、その青年期を土村が演じる。共演に佐野史郎井浦新らプロのキャストのほか、林監督が教授を務める京都造形芸術大学芸術学部映画学科の学生90人がキャスト・スタッフとして参加した。

若手女優・黒木華らを輩出した同校映画学科で教べんをとる林監督は、「いつか映画化したいと思っていた原作で、学生たちの純粋な力があればかなうんじゃないかと思った。配給も宣伝も全て自分たちで行っている小さな映画」と挨拶。“新世紀映画”とうたう理由については、「映画が生まれて120年、輝かしい世紀だった。それが2世紀目に突入し、変遷期である今はとても苦しい時期。ここを乗り越え、今の若い人たちが成長した時に新世紀が完成するのではないか」と持論を展開。この日のフィルム・オーケストラ版は、本編の音楽を生演奏で行うというもので「史上初だと思っていたけれど、調べたら過去に『スター・ウォーズ』の旧作がやっていた(笑)。新作でやるのは『彌勒 MIROKU』が初めて。新しい映画的模索であり、新世紀映画に対するチャレンジであることは間違いない。もし命名するのなら“フィルム・サーカス”に近い」と新たな試みに挑んだ。

横浜を舞台にした人気シリーズ「私立探偵濱マイク」の名コンビとして知られる林監督と永瀬。永瀬は、「デビュー作『ションベン・ライター』もメインロケ地は横浜だった。僕にとって第2の故郷のような町ですごく特別な場所」と感慨深げ。林監督は17年ぶりに永瀬を主演に迎え、「本当に役者として素晴らしい、のひと言。貴重な俳優なので大切にしないといけない」と褒めちぎると、永瀬は「17年前の海象さんはもっと感情が表に手や足となって出ていたけれど(笑)、今回は常にニコニコとポジティブなオーラを出していた」と暴露。すると林監督は、「学生に育ててもらって監督として改心した」と冗談めかし、笑いを誘っていた。

新人の土村は、「大学3回生の時の撮影から2年近く経ち、上映も毎回見てきたけれど、見る度に味が変わる映画。海象監督は頭ごなしの否定が一切なくて、常に現場で色々な可能性を考えてくれていた」と最敬礼。永瀬も、「映画、演劇界の未来を担う若い人たちと、作品をつくれたということはとても幸せなこと」と感謝の意を伝えた。

彌勒 MIROKU」フィルム・オーケストラ版は、東京・池袋の唐組紅テントでも10月22~23日に上映。通常の映画版は、10月26日から神奈川・横浜ジャック&ベティで6カ月ロングラン上映開始。2014年2月から、東京・京都ほか全国順次公開。

罠 THE TRAP[DVD] 罠 THE TRAP[DVD] 最安価格: ¥2,426 永瀬正敏主演で贈る「私立探偵濱マイク」のシリーズ第3弾。横浜の黄金町で探偵稼業を営む主人公が手掛かりゼロの完全犯罪に挑む。
我が人生最悪の時[DVD] 我が人生最悪の時[DVD] 最安価格: ¥2,426 永瀬正敏主演で贈る「私立探偵濱マイク」のシリーズ第1弾。「我が人生最悪の時」がDVD!! 横浜の黄金町で探偵稼業を営む主人公が雀荘で知り合った台湾人青年の依頼により、巻き込まれたとんでもない騒動を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi