来日中のソフィア・コッポラ、偉大な父とグリーンカーペット歩き「うれしかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月18日 > 来日中のソフィア・コッポラ、偉大な父とグリーンカーペット歩き「うれしかった」
メニュー

来日中のソフィア・コッポラ、偉大な父とグリーンカーペット歩き「うれしかった」

2013年10月18日 19:56

舞台挨拶に立ったソフィア・コッポラ「ブリングリング」

舞台挨拶に立ったソフィア・コッポラ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第26回東京国際映画祭の特別招待作品「ブリングリング」が10月18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、メガホンをとるソフィア・コッポラ監督が舞台挨拶に登壇した。「SOMEWHERE」(2010)のプロモーション以来、約2年11カ月ぶりの来日で、同映画祭に出席するのは初めて。前夜に行われたオープニングセレモニーでは、父で製作総指揮を務めるフランシス・フォード・コッポラとグリーンカーペットを闊歩し「父と一緒に、日本の皆さんとお会いできたことがとてもうれしかった」と笑顔を見せた。

米ロサンゼルス・ハリウッドを舞台に、セレブの邸宅を標的に窃盗事件を繰り返したティーン窃盗団“ブリングリング”のてん末を描いたセンセーショナルな青春ドラマ。実際に事件の被害にあったパリス・ヒルトンが自宅をロケ地として提供している。

コッポラ監督は「若い頃のいたずらは誰もが経験すること。でも彼らの行動はあまりに極端で、驚きを隠せなかった。セレブリティー信仰やSNSといった、現代の若者カルチャーを象徴する事件。10年前には起こりえないという点でも、現代的なエピソードで強くひかれた」と映画化に至った経緯を語った。

「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンら若手実力派キャストが、華やかな世界にあこがれるあまり、いたずら半分で犯罪に手を染める若者たちを熱演。特に優等生のイメージを覆すワトソンの演技に注目が集まっており「私自身も最初は、エマの起用は考えていなかった。でも実際に会ってみると、役に対する熱意をすごく感じたの。カリフォルニアなまりも習得してくれたし、驚くほどの変身を見せてくれた」と起用の理由を明かした。

第26回東京国際映画祭は10月25日まで開催。「ブリングリング」は、12月14日から全国で公開される。

SOMEWHERE[Blu-ray/ブルーレイ] SOMEWHERE[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 すさんだセレブ生活を送るハリウッドスターの父と、前妻と同居する娘が過ごすかけがえのない日々を描いた、ソフィア・コッポラ監督が贈るヒューマン・ドラマ。
ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,939 マフィアのボス・コルレオーネと、彼に忠誠を誓う“ファミリー”の姿を描いたマフィア映画の金字塔。監督:フランシス・フォード・コッポラ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi