中井貴一、8Kの超高精細映像に「もう、ウソがつけない」と嘆き節 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月18日 > 中井貴一、8Kの超高精細映像に「もう、ウソがつけない」と嘆き節
メニュー

中井貴一、8Kの超高精細映像に「もう、ウソがつけない」と嘆き節

2013年10月18日 18:57

中井貴一と李闘士男監督「その木戸を通って」

中井貴一と李闘士男監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第26回東京国際映画祭の特別企画として、「8Kスーパーハイビジョン スペシャル・プレゼンテーション」が行われ、世界で初めて8Kで撮影された短編映画「美人の多い料理店」が上映された。

8Kは、NHKが中心となって開発を進めており、現行のハイビジョンの16倍の超高精細画像と22.2マルチチャンネルを誇る次世代システム。日本では2016年に試験放送を始め、東京五輪が開催される2020年から本放送を開始する予定だ。

「美人の多い料理店」は、中井貴一扮する人気料理評論家と、客の顔を見て料理を決めるフレンチ・シェフの攻防を描くコメディ。今年5月のカンヌ映画祭に続くアジア・プレミアとなり、メガホンを執った李闘士男監督は「世界初という言葉にほだされました。それなら捨て石になってもいいかな、と。企画はハイビジョンだったら美女と料理だろうと安直に考えた」と説明した。

これに異論を唱えたのが主演の中井で、「じゃあ、俺は何だったんだという感じ」としかめっ面。当然、冗談であることを明かし、自身は初めてハイビジョンで撮影された市川崑監督の「その木戸を通って」(1993)に主演した経験があり、「技術の進歩のたびに、作品づくりに携われて幸せ」と笑顔で話した。

だが、あまりの高画質のため、「五輪は筋肉の躍動や、ふかんで映す開会式など臨場感があると思う。でも、役者の立場で言えば、そんなによく映してどうするの。役者はウソをつく商売だから、それができなくなるという大変な世の中になった」と苦笑い。そして、「映画はぼかすことにも美学があるので、NHKさんにはクリアに見せるものと、見せないものの両方を開発してほしいとお願いした。きっとかなえてくれると思う」と期待を寄せた。

李監督も、「女優のオーディションではメイクさんに立ち会ってもらって、肌の状態を全部チェックした。それほどのスーパーリアリズムです」と感心しきり。「今回は従来の映画的手法で撮ったけれど、新しいアプローチが必要になってくる。そうすれば8Kならではの企画も出てきて、新しいコンテンツが誕生するのでは」と持論を展開した。

最後から二番目の恋 DVD-BOX[DVD] 最後から二番目の恋 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,221 大人って、淋しすぎると笑っちゃう―。岡田惠和脚本、小泉今日子&中井貴一主演で贈る古都・鎌倉を舞台にした大人の青春ドラマ。
梟の城(ふくろうのしろ)[DVD] 梟の城(ふくろうのしろ)[DVD] 最安価格: ¥3,201 司馬遼太郎の長編小説を、「写楽」の篠田正浩監督が映像化した、壮大なスケールで贈るエンターテイメント大作。出演:中井貴一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi