クエンティン・タランティーノ&ポン・ジュノ、釜山映画祭で緊急対談! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月17日 > クエンティン・タランティーノ&ポン・ジュノ、釜山映画祭で緊急対談!
メニュー

クエンティン・タランティーノ&ポン・ジュノ、釜山映画祭で緊急対談!

2013年10月17日 11:10

タランティーノ&ポン・ジュノ、釜山で夢の対談!「スノーピアサー」

タランティーノ&ポン・ジュノ、釜山で夢の対談!
(C)2013 Busan International Film Festival. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]クエンティン・タランティーノ監督と韓国の鬼才ポン・ジュノ監督がこのほど、第18回釜山国際映画祭(10月3~12日開催)で、公開対談“クエンティン・タランティーノポン・ジュノに会ったとき”を緊急開催。かねて互いを意識していたというふたりは、夢のツーショットを実現させた。

同映画祭授賞式のためマカオを訪問していたタランティーノ監督は、最新作「スノーピアサー」を同映画祭に正式出品したポン監督に会うため、ポン監督を電撃訪問。「『イングロリアス・バスターズ』と『スノーピアサー』のキャスティングディレクターである友人のジョハンナ・レイが『ポン監督に会わせてあげるから、釜山に行かないか』と言ってきて、来ることになったんだ」と明かした。

タランティーノ監督は、2009年に発表した“私が最も好きな映画20編”で、ポン監督作「グエムル 漢江の怪物」「殺人の追憶」を選出し、自身の名画座でも上映したことがあるそうで、「スピルバーグの作品は恐ろしくもコミカルなように、ポン・ジュノ監督の作品にもユーモアがある」と絶賛。ポン監督も「タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』を見て、続けてデビュー作『レザボア・ドッグス』を探して見た。耳を切るシーンは本当に美しい。結末のシーンで血まみれになった主人公の姿は圧倒的で荘厳でもあった」と最敬礼だった。

さらに、タランティーノ監督は「『グエムル 漢江の怪物』を観た時、驚きを禁じ得なかった」と振り返り、「アメリカや他の国ではこんなおかしな家族がスターになるなんてことは理解不能で、だからこそこの作品が面白く、これこそがジャンルを再構築するということなんだ」と分析。ポン監督は、負けじと「あなたの映画に登場する人物たちも本当に変ですよ」と観客の笑いを誘った

スノーピアサー」は、クリス・エバンスを主演に迎え、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を映画化。ポン作品に欠かせないソン・ガンホをはじめ、ティルダ・スウィントンオクタビア・スペンサーらが出演。韓国では観客動員900万人を突破し、167カ国での公開が決定している。14年2月から全国で公開。

ジャンゴ 繋がれざる者[DVD] ジャンゴ 繋がれざる者[DVD] 最安価格: ¥1,000 タランティーノ監督と豪華キャストがおくる、迫力のバイオレンスアクション作品!
母なる証明 スペシャル・エディション[DVD] 母なる証明 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,292 誰にでも存在する“母親”を通して、独特のユーモアを交えながら傑出した映像美と強烈な心眼で人間の真実に迫った、韓国の鬼才ポン・ジュノが放つ傑作サスペンス!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi