【国内映画ランキング】「陽だまりの彼女」が首位デビュー。「おしん」は5位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月16日 > 【国内映画ランキング】「陽だまりの彼女」が首位デビュー。「おしん」は5位
メニュー

【国内映画ランキング】「陽だまりの彼女」が首位デビュー。「おしん」は5位

2013年10月16日 16:30

初登場首位を飾った「陽だまりの彼女」「陽だまりの彼女」

初登場首位を飾った「陽だまりの彼女」
(C)2013「陽だまりの彼女」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月12~13日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。松本潤上野樹里を主演にすえ、同名のベストセラー小説を映画化した「陽だまりの彼女」が、「そして父になる」を退け首位デビューに成功した。オープニング週末2日間の成績は、動員20万8028人、興収2億7240万5650円。3連休の合計では4億0654万8550円。最終的に、興収15億円以上20億円あたりまで狙えそうな好スタートを切っている。全国304スクリーンでの公開だ。

2位に落ちた「そして父になる」は、間もなく興収20億円に到達見込み。若干ペースが落ちてはきたが、30億円超えは間違いないだろう。

3位「謝罪の王様」も動員100万人を超えた。14日までの累計動員数は109万4909人、興収は13億4344万6250円。

4位「怪盗グルーのミニオン危機一発」は興収20億円超え。14日までの累計で動員160万6830人、興収20億3304万1150円となっている。

そして、初登場で5位にランクインしたのが「おしん」。オープニング2日間の成績は、動員6万0665人、興収7007万2600円。3連休の合計では興収1億0554万3500円である。そんな日本国内の成績よりも、海外での成績が気になる1本。

今週は、トップ10中8作品が日本映画。圏外11位に、ダニー・ボイル監督の「トランス」がつけている。

週末に封切となる新作は、「ダイアナ」「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」「人類資金」など。果たして、上位を脅かす作品が現れるか?

はじまりの歌[Blu-ray/ブルーレイ] はじまりの歌[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,363 嵐・松本潤、NHKドラマ初主演作「はじまりの歌」。NHK全国学校音楽コンクールが80回目を迎える記念として、小学校の部の課題曲に選ばれた『ふるさと』をモチーフにドラマを制作。
のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,203 二ノ宮知子原作、上野樹里×玉木宏競演で贈るクラシック音楽コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi