石井裕也監督作など16ミリでの撮影増加 コダックが発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月11日 > 石井裕也監督作など16ミリでの撮影増加 コダックが発表
メニュー

石井裕也監督作など16ミリでの撮影増加 コダックが発表

2013年10月11日 21:00

[映画.com ニュース] 映画撮影がデジタル中心になるなかで、コダックは16ミリフィルム撮影による映画製作が増加傾向にあるとしている。

その代表的な作品が、「舟を編む」の石井裕也監督の最新作「ぼくたちの家族」で、撮影は「舟を編む」に続き藤澤順一が担当した。「ぼくたちの家族」以降の16ミリ撮影作品は次の通り。

▽「ぼくたちの家族」監督:石井裕也/撮影:藤澤順一(2014年5月公開)
▽「R100」監督:松本人志/撮影:田中一成(10月5日公開)
▽「陽だまりの彼女」監督:三木孝浩/撮影:板倉陽子(10月12日公開、一部16ミリ使用)
▽「くじけないで」監督:深川栄洋/撮影:石井浩一(11月16日公開、一部16ミリ使用)
▽「0.5ミリ」監督:安藤桃子/撮影:灰原隆裕(13年秋から高知県先行上映)
▽「麦子さんと」監督:吉田恵輔/撮影:志田貴之(12月21日公開、一部16ミリ使用)
▽「東京難民」監督:佐々部清/撮影:坂江正明(14年2月公開)

(文化通信)

舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,309 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。
川の底からこんにちは[DVD] 川の底からこんにちは[DVD] 最安価格: ¥4,104 ぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞した石井裕也監督の商業映画デビュー作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi