上戸彩、外国人の観客を前に「“オシン・マザー”と呼ばれるのが夢!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月9日 > 上戸彩、外国人の観客を前に「“オシン・マザー”と呼ばれるのが夢!」
メニュー

上戸彩、外国人の観客を前に「“オシン・マザー”と呼ばれるのが夢!」

2013年10月9日 21:00

笑顔をのぞかせる濱田ここねちゃんと上戸彩「おしん」

笑顔をのぞかせる濱田ここねちゃんと上戸彩
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の上戸彩が10月9日、都内で行われた映画「おしん」の世界37の国と地域の大使館関係者約200人を招いての特別試写会に、おしん役の濱田ここねちゃんとともに出席した。

ドラマ版は68の国と地域で放送されており、その認知度は世界規模。上戸とここねちゃんが手をつないで登場すると、客席の大きな拍手と歓声に出迎えられた。劇中衣裳で登場したここねちゃんは、「今日は来ていただいてありがとうございます」とニッコリ。上戸は「世界のみなさんに見ていただけるのは光栄です。日本ならではの風景、家族愛があり、日本らしいストーリーになっていると思います。ぜひそれぞれのお国のみなさんに紹介していただければ」とアピールした。

撮影は2月から3月にかけて極寒の山形で敢行。上戸は最も寒い時期に川の中に入るシーンに臨んだが、「その覚悟でふじという役を受けたので私自身は大変だとは思わなかった」と語る。一方で、「雪の中をフラフラと歩いているここねの姿を見ると、かわいくて健気で、助けてあげたくなりました」とすっかり“母”の顔で振り返った。宮崎県出身のここねちゃんは撮影中、52日間にわたって親元を離れ、その間は電話もメールも全くしなかったことが明かされると、客席からは大喝さいがおくられた。

ふじ役は、オリジナル版で泉ピン子が演じ高い評価を得た大役だけに、それを引き継いだ上戸は「日本では叩かれると思うけど」と弱気な一面ものぞかせる。それでも、「海を越えたらほめられたい! ピン子さんは海外行くと『オシン・マザー!』と言われたらしいので、平成のおしんの母として『オシン・マザー』と海外で言われるのが夢です」と目を輝かせた。

今作は、朝の連続テレビ小説で最高視聴率62.9%という歴史的な視聴率を残した人気ドラマを、30年の時を経て映画化。農村の口減らしのため奉公へ出された少女おしんの苦難の人生を描く。10月12日から全国で公開。

連続テレビ小説 おしん 完全版 一 少女編〔デジタルリマスター〕[DVD] 連続テレビ小説 おしん 完全版 一 少女編〔デジタルリマスター〕[DVD] 最安価格: ¥12,697 1983年からNHKで放送された、橋田壽賀子脚本による戦前・戦中・戦後を力強く生きた女性の波乱の生涯を描いた名作ドラマ「おしん」をデジタルリマスター化したDVD版!
連続テレビ小説 おしん 総集編[DVD] 連続テレビ小説 おしん 総集編[DVD] 最安価格: ¥6,348 1983年~1984年NHKで放送された、橋田壽賀子脚本による戦前・戦中・戦後を力強く生きた女性の波乱の生涯を描く名作ドラマ「おしん」の総集編。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi