加藤登紀子、作家・佐藤泰志の母親を演じて「幸せだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月5日 > 加藤登紀子、作家・佐藤泰志の母親を演じて「幸せだった」
メニュー

加藤登紀子、作家・佐藤泰志の母親を演じて「幸せだった」

2013年10月5日 14:45

舞台挨拶に立った加藤登紀子と稲塚秀孝監督「書くことの重さ 作家 佐藤泰志」

舞台挨拶に立った加藤登紀子と稲塚秀孝監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「書くことの重さ 作家 佐藤泰志」が10月5日に公開初日を迎え、本作に出演する歌手の加藤登紀子稲塚秀孝監督が、都内の劇場で舞台挨拶に立った。

村上春樹氏や中上健二氏らと並び称されながら、小説家として不遇を囲ったまま1990年に41歳で死去した作家・佐藤泰志さん。故郷の函館をモデルにした小説を映画化した「海炭市叙景」で再び脚光を浴び、2014年には綾野剛主演で「そこのみにて光輝く」も公開される。その知られざる半生を、再現ドラマを交えながらドキュメンタリーとして描いた。

稲塚監督は、「佐藤さんの小説と出合ったのは高校生の時。それから半世紀近く経ってようやく、こうして映画に出来て嬉しいです」とニッコリ。加藤はこれまで、テレビのドキュメンタリーも含め何度となく稲塚監督の作品の音楽を提供しており「これまで一度も(オファーを)断ったことがなかった」と言うが、本作の再現ドラマ部分での佐藤さんの母親役に関しては「俳優としてのオファーということで迷いました」と明かす。それでも「監督が『絶対だから!』と言うのでやってみました」と振り返る。

佐藤さんは生涯で5度も芥川賞候補になりながら受賞はかなわなかった。映画では、選考委員の作家たちが佐藤さんの作品を評価しないさまが再現ドラマとして描かれる。稲塚監督は「彼が候補になった回を含め8回中、5回で該当作なしということがあったけど、なぜそんなことが起きたのかを描きたかった」と説明。加藤は、選考委員について「全身全霊で生きた世代であり、物足りなかったんだと思う」と語る。それでも、「彼らが佐藤さんの作品を『とるに足らないたわごとを描いている』というひと言で切り捨てたことに怒っています」と熱い口調で語った。

紅の豚[Blu-ray/ブルーレイ] 紅の豚[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,434 1920年代のアドリア海を舞台に、大空をこよなく愛する豚の姿をした一人の賞金稼ぎの活躍を描いた宮崎駿原作、脚本、監督で贈る一大航空活劇。声:加藤登紀子
海炭市叙景[DVD] 海炭市叙景[DVD] 最安価格: ¥3,292 佐藤泰志が、自身の故郷である函館をモデルにした“海炭市”が舞台の幻の小説を映画化。そこに生きる人々の冬の出来事を綴ったドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi