ベテラン女優エレン・バースティンが語るモンローの素顔とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月4日 > ベテラン女優エレン・バースティンが語るモンローの素顔とは?
メニュー

ベテラン女優エレン・バースティンが語るモンローの素顔とは?

2013年10月4日 13:00

モンローを語るエレン・バースティン「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」

モンローを語るエレン・バースティン
(c)2012 Diamond Girl Production LLC - All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 死後50年たって初公開された、マリリン・モンロー自筆の文書をもとにしたドキュメンタリー「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」(リズ・ガルバス監督)が、10月5日に公開される。本編では現役女優たちがモンローになりきり、その魂をよみがえらせている。企画に参加した女優のひとりである、エレン・バースティンが謎に包まれたモンローの素顔の一端を語った。

“永遠のセックスシンボル”と形容されたモンローの生き様について「とても複雑で、とても知性のある女性だと思うわ。マリリンは“マリリン・モンロー”という公的な人格を作り上げることに成功したと思う。でも、あまりにも成功しすぎて、死後もそのイメージはアイコンとして、偶像として生き続けている。そのイメージは、実際本人ほど賢くなくて、そして様々な違うマリリン・モンロー像が板についてしまったように思うの」と語る。

バースティンは現在、演出家で俳優のリー・ストラスバーグが設立し、モンローが演技を学んだアクターズ・スタジオの共同代表を務めている。一度だけ生前のモンローを見かけた際の印象をこう振り返る。「ストラスバーグから、『彼女に普段から照明部が付いて回っているような輝き。部屋に入るとパッと明るくなるような、華やぐような、見たことのない物を彼女は持っていた』って聞いていて、その後に実際に彼女を一度見かけたんだけど、彼女は本当に光り輝いていたわ」

“おバカなブロンド娘”のイメージ脱却を目指し、演技を一から立て直すため、ニューヨークのアクターズ・スタジオに通ったことがモンローの女優人生の転機のひとつとなったが、バースティンにとってもかけがえのない場所になっている。「アクターズ・スタジオは地球上で役者が自分の芸を自由に磨くことができる唯一の場所だと私は思っているわ。また、演技というアートに対する、世界に一つ、唯一のサービス施設というと言いすぎかも知れないけれど、自分にとって、とても重要な存在。全ての事を、私はアクターズ・スタジオから学んだからこそ、自分にできることをしたいって思うのよ」と語った。

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」は、10月5日から全国で公開。

やさしい嘘と贈り物 スペシャル・エディション[DVD] やさしい嘘と贈り物 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,543 認知症で記憶をなくした老人が、彼を気遣う家族に見守られながら自分の妻に恋をする姿を描いた人間ドラマ。出演:エレン・バースティン
マリリン・ザ・プレミアム・ブルーレイ・コレクション(8枚組)〔2...[Blu-ray/ブルーレイ] マリリン・ザ・プレミアム・ブルーレイ・コレクション(8枚組)〔2...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥13,642 マリリン・モンロー没後50年企画!「七年目の浮気」「ショウほど素敵な商売はない」「帰らざる河」「百万長者と結婚する方法」「紳士は金髪がお好き」「お熱いのがお好き」「荒馬と女」「イヴの総て」の8作品収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi