秋元才加5年ぶり映画主演!「奴隷区 僕と23人の奴隷」で本郷奏多とW主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月3日 > 秋元才加5年ぶり映画主演!「奴隷区 僕と23人の奴隷」で本郷奏多とW主演
メニュー

秋元才加5年ぶり映画主演!「奴隷区 僕と23人の奴隷」で本郷奏多とW主演

2013年10月3日 08:00

「奴隷区 僕と23人の奴隷」に主演する秋元才加と本郷奏多「奴隷区 僕と23人の奴隷」

「奴隷区 僕と23人の奴隷」に主演する秋元才加と本郷奏多
(C)2013映画「奴隷区/僕と23人の奴隷」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気グループ「AKB48」を8月に卒業したばかりの秋元才加が、人気若手俳優・本郷奏多とともに佐藤佐吉監督作「奴隷区 僕と23人の奴隷」に主演していることがわかった。秋元にとっては、「聖白百合騎士団」(2009)以来、約5年ぶりの映画主演となる。

同作は、「E★エブリスタ」で1660万アクセスを記録し大きな話題を呼んだ、岡田伸一氏の「僕と23人の奴隷」が原作。どんな勝負でも、勝ちさえすれば相手を奴隷にできる器具「SCM」を手にした「1人+23人の奴隷」が、壮絶なだまし合い、心理戦、頭脳戦を繰り広げる。劇中では、惨殺シーンや服従シーン、性的描写が含まれる予定だ。

秋元が演じる荒川エイアは、遊びも恋愛もそれなりにこなしてきたが、何事にも夢中になれずどこか冷めた性格の役どころ。既に撮影を終えており、「奴隷という言葉は日常的にはあまり身近な言葉ではないと思いますが、この映画を見たら、きっと自分の中での何かが沸き上がってくるのではないかと思います。ぜひ楽しみにしてください」と手応えのほどをうかがわせている。

一方、大田ユウガに扮する本郷は「GANTZ」2部作以来の映画出演。口がうまく頭の回転も早いさわやかな好青年だが、その影に闇をのぞかせ、次第に狂気のキャラクターへと変ぼうしていく。今作については、「エイアとユウガの関係性だったり、ころころと変わっていく主従関係が面白かったり、いろいろな個性豊かなキャラクターが出て来たりと、誰にでも楽しんでもらえる作品になっています」と語っている。

新作「東京闇虫」が封切られたばかりの佐藤監督は、「世間から道を外れた者同士が戦っている、しかし、その人たちの強い思いが実は世間を動かしている。映画監督として、共感する部分が多くありました」とストーリーの魅力を話す。映画化に際しては、「登場人物たちがどんどん暗闇の中に落ちていく。しかしその中でも、輝く光を持ち続けることができるのか、というところを描きたいと思いました」とコメントを寄せた。

奴隷区 僕と23人の奴隷」は、2014年に全国で公開。

テレビ60年マルチチャンネルドラマ『放送博物館危機一髪』[Blu-ray/ブルーレイ] テレビ60年マルチチャンネルドラマ『放送博物館危機一髪』[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,954 SKE48松井玲奈の単独初主演ドラマ、テレビ60年マルチチャンネルドラマ『放送博物館危機一髪』が、Blu-ray化。出演:秋元才加
リアル鬼ごっこ THE ORIGIN 第1巻[DVD] リアル鬼ごっこ THE ORIGIN 第1巻[DVD] 最安価格: ¥3,292 佐藤さん、みっけ。 山田悠介原作のベストセラー、遂にTVドラマ化!出演:本郷奏多

関連DVD・ブルーレイ情報

奴隷区 僕と23人の奴隷[DVD] 奴隷区 僕と23人の奴隷[DVD]最安値: ¥3,791 GANTZ Vol.1[DVD] GANTZ Vol.1[DVD]最安値: ¥5,024 GANTZ PERFECT ANSWER[DVD] GANTZ PERFECT ANSWER[DVD]最安値: ¥2,864
GANTZ Vol.6[DVD] GANTZ Vol.6[DVD]最安値: ¥5,024 GANTZ BOX 2[DVD] GANTZ BOX 2[DVD]最安値: ¥12,830 GANTZ[DVD] GANTZ[DVD]最安値: ¥2,570
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi