【国内映画ランキング】「そして父になる」が堂々の首位発進、「謝罪の王様」は2位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月1日 > 【国内映画ランキング】「そして父になる」が堂々の首位発進、「謝罪の王様」は2位
メニュー

【国内映画ランキング】「そして父になる」が堂々の首位発進、「謝罪の王様」は2位

2013年10月1日 19:00

首位デビューを果たした「そして父になる」「そして父になる」

首位デビューを果たした「そして父になる」
(C)2013「そして父になる」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 9月28~29日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。福山雅治主演「そして父になる」が首位スタートを切った。今年のカンヌ映画祭で審査員賞を受賞した同作だが、すでに受賞から4カ月経過していることもあって興行ポテンシャルの劣化が懸念されていたものの、ふたを開けてみれば堂々の首位発進。文句なしの大ヒットスタートで、秋興行のけん引役となりそうだ。

気になる数字の方は、週末2日間で動員が25万3370人、興収3億1318万6500円。全国309スクリーンでの成績である。

この出足は、同じく福山が主演した「真夏の方程式」対比で67.3%という水準。「真夏の方程式」が興収32億円を稼いでいるので、本作も興収で20億円は堅いだろう。9月24~27日まで行われた先行上映の数字を加えると、興収はすでに5億5800万円に達している。

2位には「謝罪の王様」がランクインした。オープニング週末2日間で、動員20万6161人、興収2億6765万4700円とこちらも軽快な出足。「そして父になる」対比で85%となっており、こちらは興収15億円あたりがゴール地点か。

続映作品では、4位の「劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」が動員100万人を突破、興収では13億円付近。そして、引き続き454スクリーンで上映中の、5位「風立ちぬ」が興収113億円あたり。累計動員は911万8217人と、どうやら1000万人には届かない可能性が高い。また、7位には「劇場版 空の境界 未来福音」が32スクリーンでの公開ながらランクイン。8月の「あの花」に続き、アニプレックスがまたもクリーンヒットを放った。

ゴーイング マイ ホーム DVD-BOX[DVD] ゴーイング マイ ホーム DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 阿部寛×是枝裕和監督が贈る極上のホームドラマ!
なくもんか 豪華版[DVD] なくもんか 豪華版[DVD] 最安価格: ¥3,966 普遍的テーマである“家族”の物語を真正面から描いた、宮藤官九郎脚本の心染み入るホームドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi