さだまさしの短編小説が映画化 緒形直人、南果歩、藤竜也ら実力派がそろい踏み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月30日 > さだまさしの短編小説が映画化 緒形直人、南果歩、藤竜也ら実力派がそろい踏み
メニュー

さだまさしの短編小説が映画化 緒形直人、南果歩、藤竜也ら実力派がそろい踏み

2013年9月30日 05:00

認知症の父とその家族を描いた短編が映画化「精霊流し」

認知症の父とその家族を描いた短編が映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース] さだまさしの短編小説「サクラサク」の映画化が決定、2014年春に公開されることがわかった。映画「精霊流し」で監督を務めた田中光敏が再びさだ作品でメガホンをとり、主演の緒形直人をはじめ南果歩藤竜也という実力派俳優陣が顔をそろえる。

認知症の父親と、家族を顧みず仕事に没頭してきた息子とその家族の再生を描いた本作は、さだ自身が、父親との思い出を下敷きに書いた作品ということで、作品に対する思い入れは強い。福井県に住む読者が、地元を舞台にしていることと、“家族の再生”というテーマに感動し映画化を熱望したことから企画がスタートし、さだは映画化を快諾した。

精霊流し」「解夏」「眉山」「アントキノイノチ」に続く5作目の映画化となるさだは「田中光敏監督とは拙作『精霊流し』の映画化の際にご縁を戴きました。あれから十年。田中監督並びに福井県の皆さんの熱意で『サクラサク』が映画化されます。家族の再構築を描いた大人のロードムービー・メルヘンですが、素晴らしい監督、キャストに恵まれて、温かい名作が生まれると信じています」とコメントを寄せている。


画像2

[拡大画像]

映画「利休にたずねよ」が、今年モントリオール世界映画祭・最優秀芸術貢献賞を受賞した田中監督は「クランクアップまでに、作品がどのように育っていくか、楽しみです。きっと、温かい涙の流れる作品になることと思います」と感動作に仕上がる自信を見せ、主演の緒方は「この映画に関わる全ての人達と気持ちを一つにして、物語の主題である家族の再生を丁寧に演じて行きたいと思います」と誓った。

会社では、順風満帆の一見平凡なサラリーマンの俊介だが、妻との関係は冷え切り、次第に息子、娘との関係も破綻していく。そんな生活の中、同居する父親が認知症を発症したことから、俊介は家族との絆を取り戻すべく、家族を連れ出し父親の故郷へ旅をする。主人公の俊介を緒方、妻を南、父親を藤が演じる。

東京から福井までのオールロケーションを敢行し、10月初旬クランクイン、2014年春公開。

精霊流し[DVD] 精霊流し[DVD] 最安価格: ¥1,890 フォークシンガー・さだまさしの原作小説をもとに、1本のバイオリンがつなぐふたりの母親の愛と、少年の成長を描いた作品。
アントキノイノチ Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] アントキノイノチ Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,015 岡田将生×榮倉奈々のダブル主演で、さだまさしの同名小説を映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi