上戸彩、美食の街サン・セバスチャンでおもてなし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月27日 > 上戸彩、美食の街サン・セバスチャンでおもてなし
メニュー

上戸彩、美食の街サン・セバスチャンでおもてなし

2013年9月27日 12:10

「いただきます」も伝授した上戸彩「武士の献立」

「いただきます」も伝授した上戸彩
(C)2013「武士の献立」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 上戸彩が主演する「武士の献立」が、スペインで開催されている第61回サン・セバスチャン国際映画祭の料理部門でワールド・プレミア上映にあたり、上戸とメガホンをとった朝原雄三監督が現地入りし、9月25日(現地時間)の舞台挨拶に登壇した。その後の公式ディナーにも参加したふたりは、ロビーでの出迎えと箸のプレゼントで来場客をもてなした。

水色の着物姿で舞台に登壇した上戸は、「カイショ・ドノスティア、ブエナス・タルデス(こんにちは、サン・セバスチャンの皆さん)」と、現地で使われているバスク語とスペイン語を交えてあいさつ。そして、「美食の街と言われるサン・セバスチャンで初のお披露目とのこと、大変光栄に思います」と喜びを語った。

上映後の公式ディナーでは、地元の名店のシェフ、ゴルカ・チャパルテギ氏と石川県・金沢の料理人・高木慎一朗氏がコラボレートした創作料理が約100人に振る舞われた。ここでもあいさつを行った上戸は、「日本には、『いただきます』と食前に言うマナーがあります。この機会に是非、覚えて帰ってくれたらうれしいです」と、日本の慣習を紹介した。

参加者との質疑応答では、劇中に登場する治部煮をどうしても作りたかったという高木氏が、「この料理はおわんに入れてもてなすのですが、自分でふたをあけて楽しむ料理をぜひ体験していただきたいなと思い、献立に入れました」と説明。また、「映画の中でも料理を作るのがとても楽しそうに見えるのですが、実際はどうでしたか?」という質問に対しては、上戸が「一番大変だったのは、川魚をさばくシーンで、ウロコが大きくてパンパン飛んでいったりして、今まで経験したことのない料理ができて楽しかったです」と、撮影時のエピソードを明かした。

武士の献立」は12月14日公開。

武士の家計簿[Blu-ray/ブルーレイ] 武士の家計簿[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,523 磯田道史原作「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。
THE COMPLETE 上戸彩[DVD] THE COMPLETE 上戸彩[DVD] 最安価格: ¥4,104 「第7回国民的美少女コンテスト」に入賞し、ドラマ、CMなどで活躍する“上戸彩”の魅力が満載のイメージ・ビデオ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi