マシュー・マコノヒー、ギャラ約15億円のオファーを辞退していた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月25日 > マシュー・マコノヒー、ギャラ約15億円のオファーを辞退していた
メニュー

マシュー・マコノヒー、ギャラ約15億円のオファーを辞退していた

2013年9月25日 13:00

作品の質にこだわる演技派マコノヒー「10日間で男を上手にフル方法」

作品の質にこだわる演技派マコノヒー
Photo by Jason Merritt/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エイズを題材にした最新作「Dallas Buyers Club」の演技が絶賛されているマシュー・マコノヒーが、かつて1500万ドル(約14億8000万円)の高額オファーを辞退していたことが明らかになった。

ハリウッド・レポーター紙のインタビューで本人が明かしたもので、2008年に往年のテレビ番組「私立探偵マグナム」の映画版をオファーされていたという。出演料は前金1500万ドルに出来高が興行収入の15%という好条件だったものの、これを辞退。全米ボックスオフィスで1億ドルを超えるヒットを記録した「10日間で男を上手にフル方法」(03)をピークに、その後の「サハラ」や「フールズ・ゴールド」といった出演作が続けて芳しい結果を得られずにいた。

そんななか、「私立探偵マグナム」の高額オファーには心が揺らいだものの、息子の誕生をきっかけに作品の質にこだわったフィルモグラフィーを築くことを決意したという。その後、「バーニー  みんなが愛した殺人者」「キラー・スナイパー」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「マジック・マイク」といった野心的なインディペンデント作品に出演。エイズ患者を演じる「Dallas Buyers Club」では、出演料わずか20万ドルながら役作りのために40ポンド(約18キロ)もの減量に成功した。

意欲的な作品選びのおかげで、ハリウッドはマコノヒーの演技力に再び注目。クリストファー・ノーラン監督の最新SF映画「インターステラー(原題)」では、主役に抜てきされている。

コンタクト 特別版[DVD] コンタクト 特別版[DVD] 最安価格: ¥1,000 地球外生命体の存在を信じていた女性天文学者が未知なる世界への旅に出る、ジョディー・フォスター主演で贈るSF大作。出演:マシュー・マコノヒー
10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥991 “10日間で男にふられたい女”と“10日間で女と恋に落ちたい男”の熾烈な恋の駆け引きを描いたラブ・コメディ。出演:マシュー・マコノヒー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi