松本人志監督の最新作「R100」、2014年の北米公開が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月24日 > 松本人志監督の最新作「R100」、2014年の北米公開が決定
メニュー

松本人志監督の最新作「R100」、2014年の北米公開が決定

2013年9月24日 21:20

北米公開を喜ぶ松本人志監督(中央)「R100」

北米公開を喜ぶ松本人志監督(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]松本人志の監督作第4弾「R100」の北米公開決定が9月24日、東京・新宿ミラノで行われた完成披露試写会で発表された。配給は米国配給会社「ドラフトハウス・フィルムズ」で、公開規模は調整中。2014年にニューヨーク、サンフランシスコをはじめ全米公開されることになり、松本監督は「まあ、よくわかんないですけど、4本目といえば監督に毛が生えたようなもの。その割には頑張っているなと思う」と静かに喜びを表していた。

大森南朋演じる主人公が謎のクラブに入会し、不思議な体験をする姿を描く本作。9月5~15日(現地時間)にカナダで開催されたトロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門に、正式出品され「いやあ、正直受けましたねえ。同時にものを作る人間として、もっと一生懸命やらないといけないと実感した」(松本監督)。

現地では海外配給権のセールスも行われ、関係者によるとアメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ドイツ、ロシア、フィンランド、ベルギー、オランダ、イタリア、スペイン、ノルウェー、香港、台湾、中国、タイ、シンガポール、インドなど約20カ国のバイヤーから購入のオファーがあったという。

映画は謎のクラブ「ボンデージ」に入会したサラリーマンの片山が、時と場所を選ばず派遣される個性豊かな“女王様”たちとのプレイに快楽を覚えながら、そのエスカレートぶりを止めるべく反旗を翻す姿を描いた。松本監督は「今までにない世界観が、松本ブランドとして出来あがりつつある。コメディのつもりはないし、先入観を捨ててほしい」とアピール。主演の大森は「映画そのものが、監督の頭の中。そこに俳優の僕が、片山という男を住まわせた」と持論を展開した。

完成披露試写会には松本監督と大森に加えて、大地真央寺島しのぶ片桐はいり冨永愛佐藤江梨子前田吟、YOU、西本晴紀くん(子役)、松尾スズキ渡部篤郎という豪華な顔ぶれがズラリ。松本監督にとって、有名俳優を起用するのは初の試みで「あえて緊張感の中でやってみようと。前作(『さや侍』)は主演がホームレスのおっさんでしたからね。それに比べると、やはりプロの仕事は素晴らしいし、NGもほとんどなくストレスを感じなかった」とキャスト陣に敬意を払っていた。

R100」は、10月5日から全国で公開。

しんぼる[DVD] しんぼる[DVD] 最安価格: ¥821 松本人志の長編監督第二作がDVD化。
大日本人 通常盤[DVD] 大日本人 通常盤[DVD] 最安価格: ¥108 松本人志第一回監督作品。日本のお笑い界のカリスマ、松本人志が構想に5年をかけ従来の映画の枠にとらわれない彼オリジナルの手法で手掛けた全く新しいエンターテイメント・ムービー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi