大森南朋、ジョージ秋山「捨てがたき人々」実写映画化に主演!榊英雄監督とタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月18日 > 大森南朋、ジョージ秋山「捨てがたき人々」実写映画化に主演!榊英雄監督とタッグ
メニュー

大森南朋、ジョージ秋山「捨てがたき人々」実写映画化に主演!榊英雄監督とタッグ

2013年9月18日 06:00

「捨てがたき人々」で狸穴勇介に扮する大森南朋「捨てがたき人々」

「捨てがたき人々」で狸穴勇介に扮する大森南朋
(C)2012「捨てがたき人々」製作委員会、(C)ジョージ秋山
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の大森南朋が、ジョージ秋山氏の傑作漫画を実写映画化する「捨てがたき人々」(榊英雄監督)に主演していることがわかった。同作は榊監督の故郷・五島列島で2012年5~6月に撮影され、すでに完成。10月17日に開幕する第26回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されることも決定している。

大森が演じるのは、金も仕事もなくセックスのことばかり考えている狸穴勇介。苦悩しながら生きる意義、愛と幸せの形を必死に見つけ出そうともがく姿を通して、生々しくも人間の業を描くことに真正面から取り組んでいる。大森は、「古くから友人でもある榊監督の心意気と、狸穴勇介というどうしようもない男への興味からお引き受けしました」と出演にいたった経緯を説明する。

東京国際映画祭コンペ部門への出品については、「昨年の暑い季節に監督、スタッフ、役者、皆で苦しみながら生み出した作品が東京国際映画祭コンペティション部門にノミネートという評価をいただき、非常に嬉しく思っております。最高賞を目指します」と並々ならぬ意欲。榊監督も、「ジョージ秋山先生の傑作作品に挑むのは勇気が必要でした。故郷・五島を舞台に大森さんの肉体と精神を通して、原作に負けない映画が出来たと思います」とコメントを寄せている。

同名原作(幻冬舎文庫刊)を手がけた秋山氏は、「銭ゲバ」や「アシュラ」など、人間の善悪やモラルを問う姿勢を貫き、社会問題になるほど露悪的描写の作品を発表し続けており、榊監督がこの世界観をどのように描いたのかに大きな注目が集まる。今作には、三輪ひとみが惜しげもなく裸体をさらし、翻ろうされるヒロインを演じているほか、美保純田口トモロヲ滝藤賢一荒戸源次郎寺島進佐藤蛾次郎ら、骨太な面々を脇を固めている。

物語は、生きることに飽きてしまった狸穴勇介が故郷へ戻るところから始まる。誰もが怪訝な表情を見せるなか、顔にアザのある岡辺京子(三輪)だけが笑顔で接してくれた。生きる証を快楽に求める勇介は京子と関係を持ち、なし崩しに同棲を始める。互いを認めることなく“家族”を作ることになったふたりは、生きることの幸せとは何かを考えるようになる。

捨てがたき人々」は、2014年春に公開。

まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥13,527 いろいろあるのさ、誰だって。職業、便利屋。痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー。出演:大森南朋
銭ゲバ DVD-BOX[DVD] 銭ゲバ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥12,247 ジョージ秋山原作コミックをドラマ化。“真実の愛”を渇望するがゆえに、悪事に手を染めながら金の力でそれを手に入れようとする青年を描く問題作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi