周防正行監督、“脱サラ”新人監督にエール「大切なのは強い気持ち」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月16日 > 周防正行監督、“脱サラ”新人監督にエール「大切なのは強い気持ち」
メニュー

周防正行監督、“脱サラ”新人監督にエール「大切なのは強い気持ち」

2013年9月16日 13:30

周防正行監督と奥村盛人監督「舞妓はレディ」

周防正行監督と奥村盛人監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新作「舞妓はレディ」の完成が待たれる周防正行監督が9月15日、東京・渋谷のユーロスペースで行われた「月の下まで」のトークショーに、同作が初メガホンとなった奥村盛人監督とともに出席した。奥村監督は8年間、高知新聞社で社会部の記者を務めた後に“脱サラ”し、映画界入り。周防監督は「作品を重ねるごとに、苦しい記憶しか残らなくなる」と自ちょうしつつ、「大切なのは『表現したい』『伝えたい』という強い気持ちを持ち続けること。技術はあとからついてくる」とエールをおくった。

映画は高知県西部の港町・黒潮町を舞台に、カツオ一本釣り漁師の父親と、重度の障害を抱える一人息子が、折からの不漁や新造船の支払いで追い詰められるなか、強い絆を育む姿を描く。奥村監督は記者時代、黒潮町を取材した経験をもち「映画作りには、ある種の切迫感があった。自分自身も30歳を超えていたので、発奮しなければと」と述懐。周防監督は「切実なものが伝わり、真摯に心に突き刺さるものがあった」と作品を絶賛していた。

自ら脚本と編集、さらに予算集めも行った奥村監督に対し、周防監督は「映画は自分のお金で作るもんじゃないって思っているから(笑)、素直にすごいなと驚いている。人に金を出させる方法を教えてほしい」。トークショー本番前には製作費が話題にあがったといい、「僕は100~200倍の製作費をかけているから、本来それに見合った面白さじゃなきゃダメですよね」(周防監督)と背筋を伸ばす場面もあった。

周防監督は現在「舞妓はレディ」の編集まっただ中だといい、「今日あたりメドが立つと思って(トークショーを)引き受けたが、実際には立っていない」と苦笑い。大好きな京都を舞台に「ちょっとファンタジーとして描いてみた。歌あり踊りあり、素直に楽しい映画。ここ最近は、素直に苦しい映画が多かったから(笑)」。さらに監督デビューした当時の心境から、「最初の幸福感がなくなって、伝えることの難しさに直面する。だから、(監督作品の)本数も少ないのかな」とキャリアを重ねることで生じる苦しみや葛藤まで語った。

また、奥村監督に対し「記者時代の経験を客観的に振り返り、映画に描くべき」とアドバイスも。「それでもボクはやってない」(2007)の製作時に行った取材では、裁判システムのみならず報道機関への疑問も生じたといい、「地方の記者クラブに取材を拒否されたことも……。こんな風に事件記者がダメになるとか、そういう映画を期待しちゃう。おれが撮っちゃおうかな(笑)」と“社会派”への回帰にも意欲を見せた。

それでもボクはやってない スペシャル・エディション[DVD] それでもボクはやってない スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥5,054 周防正行監督の11年ぶりとなる作品『それでもボクはやってない』がDVD化!“裁判”をテーマに、通勤電車で痴漢に間違われた青年が、その後1年にわたって裁判で争っていく姿を通じ、日本の刑事裁判制度の問題点を明らかにしていく。
終の信託[Blu-ray/ブルーレイ] 終の信託[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,802 周防正行監督が描く愛と死を超える魂の慟哭。愛と死に直面した人間を冷静な視点で最後まで描ききった真のラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi